沖縄尚学・吉山、興南・盛島

トーナメント表
沖縄大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
沖縄TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 2022年第104回全国高校野球選手権沖縄大会は16日、準決勝が行われ、興南沖縄尚学が決勝に進出した。

 昨年夏の代表校で3大会連続夏甲子園を狙う沖縄尚学は7回に暴投で奪った1点を守り切って1対0で美里工を下し、決勝に駒を進めた。

 先発の吉山 太陽投手(3年)が美里工打線を7回無失点に抑える好投を見せた。8回からは東恩納 蒼投手(2年)が145キロをマークする好リリーフ。「完封リレー」を完成させた。

 興南は延長12回、6対4で未来沖縄を下し決勝に進出した。

 延長12回表1死一塁から、4番盛島 稜大捕手(3年)の決勝打などで2点を入れて勝ち越し。1回途中からリリーフしていた生盛 亜勇太投手(3年)が自己最速を更新する147キロをマークする力投で逃げ切った。

 決勝の興南沖縄尚学は、2019年夏決勝と同じカード。その時は、宮城 大弥投手(オリックス)を擁した興南が延長13回の激戦の末に沖縄尚学に敗れた。興南のリベンジか、沖縄尚学の返り討ちか。3年前同様、熱い戦いとなるのは必至だ。

■7月16日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会

第104回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会
準決勝 興南    6  -  4    未来沖縄 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇) 応援メッセージ
沖縄尚学    1  -  0    美里工 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇) 応援メッセージ

■7月17日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会

第104回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会
決勝 興南    7  -  1    沖縄尚学 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇) 応援メッセージ