山田陽翔(近江・中央)

トーナメント表
滋賀大会の勝ち上がり

全国の日程・結果一覧
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

 16日の第104回全国高校野球選手権滋賀大会は、センバツ準優勝の近江が登場する。

 注目は1年生から活躍していた山田 陽翔投手(3年)だろう。昨夏の甲子園では投打にわたり活躍を見せたが、直後に右ヒジの疲労骨折が発覚。故障の影響が心配されたが、センバツ、春大会と鮮やかな復活劇を見せている。今年の高校野球界を代表する二刀流がラストイヤーの夏に臨む。

 山田の登板過多が心配されていたが、春の滋賀大会は山田の登板は1試合のみで優勝しており、選手層にも厚みが増した。野手では俊足が武器の津田 基内野手(3年)、華麗な内野守備でチームを支える中瀬 樹内野手(3年)らに期待がかかる。津田はセンバツでも卓越した走塁技術が光っており、夏も「神走塁」を見せてくれることに期待したい。また、2年生では、堅守が光る横田 悟内野手、巧打がウリの清谷 大輔外野手のプレーも目が離せない。山田以外にも注目選手が揃う近江。総合力で、センバツで逃した優勝旗を夏に奪いに行く。

 実力を見ると近江がリードしている印象だが、15日の試合では昨秋優勝した八幡商が敗れる波乱が起きている。近年安定して実力を発揮し今年は野川新投手(2年)ら好投手が揃う綾羽や、立命館守山などの実力校が夏の頂点を争う。

 16日は1回戦1試合、2回戦4試合が予定されている。

■7月16日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 滋賀大会

第104回 全国高等学校野球選手権 滋賀大会
2回戦 近江    4  -  3    瀬田工 県立彦根球場 応援メッセージ
甲西    4  -  3    水口 県立彦根球場 応援メッセージ
立命館守山    6  -  4    高島 皇子山球場 応援メッセージ
光泉カトリック    6  -  0    安曇川 皇子山球場 応援メッセージ
1回戦 守山 10  -  0    愛知・長浜農 皇子山球場 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 滋賀大会