仙台育英・斎藤陽(春季東北大会より)

トーナメント表
宮城大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 宮城大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
宮城TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月14日の第104回全国高等学校野球選手権宮城大会は、2回戦6試合が行われた。

 昨秋、今春と連覇している仙台育英仙台商と対戦した。試合は初回に仙台育英が2点を先制するとコンスタントに得点を重ね、試合を優位に進める。仙台商は得点を狙うも、仙台育英が継投でこれを許さず7対0、8回コールドで試合を制した。昨夏と同一カードとなったが、仙台育英が雪辱を果たした。

 今春東北大会準優勝の東北石巻西と対戦した。東北が初回に先制し、2回にも2点を奪い試合の主導権を握る。その後は両チーム踏ん張り、無得点で試合が進むも6回裏に東北が一挙7得点を奪い試合を決めた。石巻西は得点を奪うことができず、10対0、6回コールドで東北が勝利した。

 春4強の古川学園石巻工と対戦した。前半戦は両チーム無得点で折り返すも、6回表に古川学園が待望の先制点を奪うと、8回にも得点を重ねる。リードを広げた古川学園だったが、石巻工は8回裏に一挙3得点を挙げて試合をひっくり返す。しかし、迎えた最終回に古川学園が土壇場で同点に追いつくと延長戦に突入した。迎えた11回表に古川学園が待望の勝ち越し点を挙げて、これが決勝点となった。熱戦を古川学園が制した。

 昨夏を制した東北学院仙台東と対戦した。仙台東が先制点を挙げると、その後もコンスタントに得点を重ねる。東北学院は反撃に出るも及ばず、仙台東が昨夏覇者の東北学院を下した。

 その他の試合は、仙台高専名取、東北生文大が勝利している。東北生文大は延長戦を制している。

■7月14日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 宮城大会

第104回 全国高等学校野球選手権 宮城大会
2回戦 仙台育英    7  -  0    仙台商 石巻市民球場 応援メッセージ
仙台高専名取    5  -  4    白石 仙台市民球場 応援メッセージ
古川学園    4  -  3    石巻工 石巻市民球場 応援メッセージ
仙台東    7  -  4    東北学院 仙台市民球場 応援メッセージ
東北生文大高    2  -  1    亘理・伊具・大河原商 仙台市民球場 応援メッセージ
東北 10  -  0    石巻西 石巻市民球場 応援メッセージ

■7月15日の試合