トーナメント表
東北大会の勝ち上がり

 春季東北地区高校野球大会(福島)は13日、決勝が行われ、聖光学院(福島)が4対3で東北(宮城)を破り、2018年以来、4年ぶり4度目の優勝を決めた。

 3回に1点を先制され、5回にも2点を追加されて前半は0対3とリードを許した。しかし、7回に犠飛のあとに、4番・三好 元気外野手(2年)の同点2点適時二塁打、5番・山浅 龍之介捕手(3年)の決勝適時打など4連打を放つ集中攻撃で一気に逆転に成功した。聖光学院は準々決勝から3試合連続で逆転勝利となった。

 2018年の決勝と同カードとなった決勝戦。その時に延長10回サヨナラ勝ちしていた聖光学院が、またも東北を下しての優勝だった。

■6月13日の試合

第69回 春季東北地区高等学校野球大会

第69回 春季東北地区高等学校野球大会
決勝 聖光学院    4  -  3    東北 福島県営あづま球場 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
第69回 春季東北地区高等学校野球大会