トーナメント表
近畿大会の勝ち上がり

 春季近畿地区高等学校野球大会(和歌山)は29日、決勝が行われ、智辯和歌山が3対2で大阪桐蔭を下して16年ぶりの優勝を果たした。

 智辯和歌山は1回、先頭打者の1番・山口 滉起外野手(3年)が左越えへの先頭打者本塁打で先制。その後も2安打をからめて、大阪桐蔭の先発、前田 悠伍投手(2年)から、この回で3点を奪ってリズムをつかんだ。

 先発の吉川 泰地投手(2年)は2失点で3回で降板したが、4回から継投策にでて、終盤6回からは武元 一輝投手(3年)が登板。無失点に抑え大阪桐蔭を振り切った。

 大阪桐蔭の公式戦の連勝は29でストップした。先発した前田が初回に3失点。自慢の打線は智辯和歌山の投手リレーの前に、あと1点届かなかった。

■大会の詳細・応援メッセージ
令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会

■5月29日の試合

令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会

令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会
決勝 智辯和歌山    3  -  2    大阪桐蔭 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ