トーナメント表
関東大会の勝ち上がり

<春季関東地区高校野球大会:浦和学院4-1関東一>◇29日◇決勝◇宇都宮清原

 29日、春の関東地区高校野球大会は決勝戦が行われ、浦和学院が4対1で関東一を下し、5年ぶりの優勝を飾った。

 浦和学院は初回、3番・金田 優太(3年)の犠飛で先制。しかし関東一も2回に8番・衛藤 冴仁(2年)の適時打で同点に追いつく。

 同点で迎えた3回、浦和学院は2番・伊丹 一博(3年)の適時打げ勝ち越しに成功し、続く3番・金田も中前適時打を放ち3対1とリードした。

 中盤は互いに無得点で進むも、7回に浦和学院は6番・八谷 晟歩(3年)の適時打で1点を加え終盤に引き離した。

 投手陣は芳野 大輝(3年)、浅田 康成(3年)、金田の継投で関東一打線1失点に抑えた。

■大会日程
第74回 春季関東地区高等学校野球大会

■5月29日の試合

第74回 春季関東地区高等学校野球大会

第74回 春季関東地区高等学校野球大会
決勝 浦和学院    4  -  1    関東一 宇都宮清原球場 応援メッセージ