勝ち越し本塁打を放った丸山一喜(大阪桐蔭)

トーナメント表
近畿大会の勝ち上がり

 5月28日、春季近畿大会準決勝、大阪桐蔭vs近江の一戦は大阪桐蔭が11対2で勝利を収め、決勝進出を決めた。

 2点を先制された大阪桐蔭は3回表、1番・ 伊藤 櫂人内野手(3年)の適時三塁打で1点を返し、6回表、5番・海老根 優大外野手(3年)の犠牲フライで同点。さらに8回表に丸山 一喜内野手(3年)の2ランで勝ち越しに成功した。9回表には打線がつながり一挙7得点の猛攻で近江を振り切った。

 大阪桐蔭川原 嗣貴投手(3年)、前田 悠伍投手(2年)、別所 孝亮投手(3年)のリレーで完勝。

 2年連続の決勝進出をきめた大阪桐蔭は29日、智辯和歌山と対戦する。近江はエースの山田 陽翔投手(3年)は6回途中まで1失点の好投を見せていたが、足がつってしまい途中降板。悔しい試合内容となった。

■大会の詳細・応援メッセージ
令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会

■5月28日の試合

令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会

令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会
準決勝 智辯和歌山    5  -  4    報徳学園 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ
大阪桐蔭 11  -  2    近江 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ