トーナメント表
関東大会の勝ち上がり

 春季関東大会は23日、準々決勝2試合が行われ、山梨学院(山梨)、関東一(東京)がベスト4進出を決めた。

 第1試合は山梨学院前橋育英(群馬)を7回コールドの8対0で下した。2回に8番・澁谷 剛生外野手(3年)のスクイズで先制すると、流れに乗り12安打の猛攻で得点を重ねた。

 第2試合の関東一健大高崎(群馬)の試合も5回コールドゲームの10対0で関東一が勝利。3番・井坪 陽生外野手(3年)、5番・秋葉 皓介内野手(3年)に本塁打が飛び出すなど手堅く9安打10得点で健大高崎を振り切った。

 翌24日には明秀日立(茨城)ー浦和学院(埼玉)、作新学院(栃木)ー山村学園(埼玉)の2試合が予定されており、ベスト4が出揃う。

■大会日程
第74回 春季関東地区高等学校野球大会

■5月23日の試合

第74回 春季関東地区高等学校野球大会

第74回 春季関東地区高等学校野球大会
準々決勝 山梨学院    8  -  0    前橋育英 栃木県総合運動公園野球場 応援メッセージ
関東一 10  -  0    健大高崎 栃木県総合運動公園野球場 応援メッセージ

■5月24日の試合

第74回 春季関東地区高等学校野球大会

第74回 春季関東地区高等学校野球大会
準々決勝 浦和学院    9  -  7    明秀日立 栃木県総合運動公園野球場 応援メッセージ
山村学園    5  -  1    作新学院 栃木県総合運動公園野球場 応援メッセージ