トーナメント表
北越、中越のブロック
日本文理、新潟明訓のブロック
ベスト8以降の勝ち上がり

関連記事
【選手名鑑】新潟県の注目選手

 第146回北信越地区高校野球新潟県大会は15日、決勝が行われ、東京学館新潟が8対7で日本文理を破って初優勝した。

 5回を終わって0対5と大きくリードを許していたが、6回に4点を返してくらいついた。7回に2点を許して突き放されたが、その裏に再び4得点を挙げて逆転に成功。そのまま逃げ切った。

 あと1歩及ばなかった日本文理だが、二刀流でプロ注目の148キロ右腕、田中 晴也投手(3年)が、マウンドに立つことはなかったが、先制弾&満塁弾の2打席連続弾を放つなど打席で活躍を見せた。

 優勝した東京学館新潟は6月4日開幕の春季北信越地区高校野球大会(福井)に出場する。

■5月15日の試合

第146回 北信越地区高等学校野球 新潟県大会

第146回 北信越地区高等学校野球 新潟県大会
決勝 東京学館新潟    8  -  7    日本文理 長岡市悠久山野球場 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
第146回 北信越地区高等学校野球 新潟県大会