トーナメント表
東海大会の組み合わせ

 第69回春季東海地区高校野球大会(愛知)の組み合わせが10日、決まった。愛知、岐阜、三重、静岡の4県それぞれ2チームが参加。大会は21日に開幕する。

 今センバツに出場した大垣日大(岐阜2位)は三重を制した津商(三重1位)と初戦で対戦することになった。

 愛知を制した東邦(愛知1位)は津田学園(三重2位)、静岡を制した浜松開誠館(静岡1位)は愛工大名電(愛知2位)とそれぞれ初戦で対決する。

 岐阜を制した岐阜第一(岐阜1位)は静岡(静岡2位)と初戦で対戦する。

 昨年秋(12校参加)の東海地区大会は日大三島が優勝し、聖隷クリストファーが準優勝。静岡県勢同士の決勝のカードとなった。今年の春はどんな戦いとなるのだろうか。

 22日に準決勝が行われ、24日に決勝が予定されている。

■大会日程
第69回 春季東海地区高等学校野球大会

■5月21日の試合

第69回 春季東海地区高等学校野球大会

第69回 春季東海地区高等学校野球大会
1回戦 津商    5  -  4    大垣日大 刈谷球場 応援メッセージ
浜松開誠館    3  -  1    愛工大名電 刈谷球場 応援メッセージ
津田学園    3  -  2    東邦 小牧市総合運動場野球場 応援メッセージ
岐阜第一    3  -  2    静岡 小牧市総合運動場野球場 応援メッセージ