トーナメント表
東海大相模、桐蔭学園などが属するブロック
横浜、桐光学園などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

リーグ戦の勝ち上がり
慶應義塾、桐蔭学園などが属する川崎・横浜北地区
横浜、横浜商などが属する横浜南・横須賀地区
相洋、鎌倉学園などが属する湘南・西湘地区
東海大相模、向上などが属する北相地区

関連記事
【選手名鑑】神奈川県の注目選手

 春季神奈川県大会は24日、準々決勝1試合が行われ、桐光学園横浜高を下してベスト4最後のイスをつかんだ。

 初回、3番・石井 嘉朗捕手(3年)のホームランで先取点を奪うと、4回には2点を追加。3対0で前半を折り返すと、6回には9番に座る1年生・中村優太内野手の一打などで3点を追加してダメ押しした。

 桐光学園は先発・針谷 隼和投手(3年)が安定した投球で8回まで横浜高打線を被安打4、失点1に抑える好投だった。

 これでベスト4が出揃い、30日に横浜スタジアムで準決勝が行われる。

藤沢清流vs桐蔭学園
横浜商vs桐光学園

 この準決勝に勝ったチームが、関東大会への出場権を獲得する。

■4月24日の試合

令和4年度 神奈川県高等学校野球春季県大会

令和4年度 神奈川県高等学校野球春季県大会
準々決勝 横浜商 不戦勝  -  不戦敗 横浜商大高 サーティーフォー保土ヶ谷球場 応援メッセージ
桐光学園    7  -  1    横浜 サーティーフォー保土ヶ谷球場 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
令和4年度 神奈川県高等学校野球春季県大会
川崎・横浜北地区予選
横浜南・横須賀地区予選
湘南・西湘地区予選
北相地区予選