トーナメント表
四国大会の組み合わせ

香川トーナメント表
英明、大手前高松などが属するブロック
高松商、尽誠学園などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

徳島トーナメント表
徳島商、徳島科学技術などが属するブロック
阿南光、池田などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

愛媛トーナメント表
西条、川之江などが属する東予地区予選
済美、聖カタリナ、新田などが属する中予地区予選
宇和島東、帝京第五などが属する南予地区予選
県大会の組み合わせ

高知トーナメント表
明徳義塾、土佐塾などが属するブロック
高知商、高知中央などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

 春季四国地区高校野球大会が23日開幕し、1回戦が行われた。

 注目カードのひとつ、伝統校同士の「松山商(愛媛)ー高松商(香川)」の一戦は、高松商が8回コールドの7対0で圧勝した。

 プロ注目スラッガー浅野 翔吾外野手(3年)が1回先制適時二塁打で打線に火をつけて3点を奪うと、4回、6回と1点ずつを加え8回に2点を奪ってコールド勝ちに持ち込んだ。

 もう一つの注目カード、今センバツに出場した高知鳴門(徳島)の対戦は、鳴門のエース左腕・冨田 遼弥投手(3年)が4安打完封勝利で「センバツ対決」を制した。打者31人、散発の4安打で10三振を奪っての快投。昨年秋四国大会の決勝で敗れた高知打線を112球で料理してみせた。センバツでの大阪桐蔭と善戦した自信を今大会の初戦で生かした。

 明徳義塾(高知)は松山聖陵(愛媛)を6対2で下した。打線が11安打の猛攻を見せ、先発の矢野 勢也投手(3年)から吉村 優聖歩投手(3年)へのリレーで勝利した。

 英明(香川)は延長10回の激戦の末に、徳島商に競り勝った。0対2で迎えた7回に1点を返すと土壇場9回に同点に追いついて延長へ。10回表に池本 生内野手(3年)の右前適時打で競り勝った。

 24日は準決勝が予定されている。

■4月23日の試合

第75回 春季四国地区高等学校野球大会

第75回 春季四国地区高等学校野球大会
1回戦 高松商    7  -  0    松山商 徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム) 応援メッセージ
鳴門    3  -  0    高知 徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム) 応援メッセージ
明徳義塾    6  -  2    松山聖陵 むつみスタジアム 応援メッセージ
英明    3  -  2    徳島商 むつみスタジアム 応援メッセージ

■4月24日の試合

■大会の詳細・応援メッセージ
第75回 春季四国地区高等学校野球大会