都大会のトーナメント表
國學院久我山、帝京などが属するブロック
修徳、関東一などが属するブロック
日大三、東海大菅生などが属するブロック
都立狛江、二松学舎大附などが属するブロック
ベスト16以上の組み合わせ

1次予選のトーナメント表
日大二、都立日野などが属する第1〜6ブロック
世田谷学園などが属する第7〜12ブロック
日本学園などが属する第13〜18ブロック
城西大城西、日大豊山などが属する第19〜24ブロック

関連記事
【選手名鑑】東京都の注目選手
二松学舎大附のブロックに実力校が揃う!春の東京都大会を徹底展望!

 4月1日からスタートした春季東京都高校野球大会はいよいよ準決勝を迎える。関東一vs帝京二松学舎大附vs日大三と、東京をリードしてきた4強による激突だ。

 帝京は冬場から鍛えてきた強打を磨き上げ、4番遊撃手・渡邊 礼内野手(3年)、3番三塁手・小島慎也内野手(3年)を中心とした打線の破壊力は全国レベル。高橋 蒼人投手(2年)の完成度の高さは今年の東京都でもトップクラスだ。

 関東一も世代屈指の井坪 陽生外野手(3年)、超俊足の柳瀬 冬和外野手(3年)など打撃力、機動力は一級品。2年連続の関東大会出場へ期待がかかる。

 日大三安田 虎汰郎投手(2年)、松藤 孝介投手(3年)、佐藤起也投手(3年)と3投手を使い分ける。どの投手も一定以上の制球力があり、試合を作る力がある。伝統的な強打はもちろんだが、何より今年は守備が非常に堅い。特に内野手の球際は強く、勝負どころの守備力も高い。

 二松学舎大附はコロナ感染の影響で、ぶっつけ本番となったが、勝ち進むごとにまとまってきた。エース・布施 東海投手(3年)の緩急自在な投球は素晴らしく、瀬谷 大夢外野手(3年)の打球速度や脚力は高校トップクラスだ。

 関東大会に進むのは2校だけだが、どこが勝ち上がっても、関東大会では躍進が期待できる布陣で、どんな戦いになるのか楽しみだ。

■4月23日の試合

春季東京都高等学校野球大会

春季東京都高等学校野球大会
準決勝 関東一    8  -  5    帝京 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ
二松学舎大附    6  -  5    日大三 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ

■4月24日の試合

春季東京都高等学校野球大会

春季東京都高等学校野球大会
決勝 関東一    7  -  3    二松学舎大附 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
春季東京都高等学校野球大会