都大会のトーナメント表
國學院久我山、帝京などが属するブロック
修徳、関東一などが属するブロック
日大三、東海大菅生などが属するブロック
都立狛江、二松学舎大附などが属するブロック
ベスト16以上の組み合わせ

1次予選のトーナメント表
日大二、都立日野などが属する第1〜6ブロック
世田谷学園などが属する第7〜12ブロック
日本学園などが属する第13〜18ブロック
城西大城西、日大豊山などが属する第19〜24ブロック

関連記事
【選手名鑑】東京都の注目選手
二松学舎大附のブロックに実力校が揃う!春の東京都大会を徹底展望!

 春季東京都高校野球大会は16日と17日に準々決勝を行い、ベスト4が出揃った。
 16日は東京成徳大高二松学舎大附が対戦。二松学舎大附は初回、2番・柴田 壮太郎外野手(3年)の死球を皮切りに、足を絡めた攻撃を見せ先制をする。その後も隙を見せることなく攻撃を進め、得点を重ねていった。先発の布施 東海投手(3年)は、3回表に東京成徳大高の1番・篠原一誠内野手(2年)に許した中前安打の1本だけに抑え、10対0で6回コールド勝ちを収めた。
 帝京國學院久我山が対戦。帝京は2回表、1死満塁から8番・鵜飼 陽太捕手(3年)の中前安打で1点を先制すると、その後4、5、6回に得点を重ねた。帝京の先発・高橋 蒼人投手(2年)は8安打を許すも要所要所で抑え、國學院久我山を6対0で完封し、勝利を収めた。
 17日の第1試合は日大三東海大菅生が対戦。日大三は2回に先制をすると、佐藤起也(3年)、安田 虎汰郎(2年)の投手リレーで東海大菅生を3対2で下し、準決勝へと駒を進めた。
 第2試合は日体大荏原関東一が対戦。関東一柳瀬 冬和外野手(3年)がホームランを含む3長打を放つなど打線が爆発し、8対2で日体大荏原を下した。
 準決勝は23日、スリーボンドスタジアム八王子で行われ、第1試合で帝京関東一が対戦。第2試合は二松学舎大附日大三が対戦する。
 決勝は同じくスリーボンドスタジアム八王子にて24日に予定されている。

■4月16日の試合

春季東京都高等学校野球大会

春季東京都高等学校野球大会
準々決勝 帝京    6  -  0    國學院久我山 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ
二松学舎大附 10  -  0    東京成徳大高 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ

■4月17日の試合

春季東京都高等学校野球大会

春季東京都高等学校野球大会
準々決勝 日大三    3  -  2    東海大菅生 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ
関東一    8  -  2    日体大荏原 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ

■4月23日の試合

春季東京都高等学校野球大会

春季東京都高等学校野球大会
準決勝 関東一    8  -  5    帝京 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ
二松学舎大附    6  -  5    日大三 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
春季東京都高等学校野球大会