多井耶雲(東海大菅生)、大前圭右(大阪桐蔭)、笹田海風(東海大相模)、背戸川内晴哉(広陵)

 首都1部の強豪・東海大の新入生が発表された。投手編に続き、主な注目野手を紹介したい。

  笹田 海風捕手(東海大相模)は、完成度の高さと勝負強さを兼ね備えた打撃でチームを牽引した。大学では捕手に挑戦。どんな活躍を見せるのか。

 上田 聖也捕手(神戸国際大附)も、主に下位打線だったが、高い守備力を武器に最後の夏は決勝まで導いた。高校通算10本塁打以上を放つ強打者として注目される川田 海捕手(羽黒)と捕手3人は実力派だ。

 多井 耶雲内野手(東海大菅生)は投手も、野手もこなせるマルチプレーヤー。勝負強い打撃で次々と難局を切り開くことができる。

 大前 圭右内野手(大阪桐蔭)は控え中心だったが、その守備力は名手級で、昨年の大阪桐蔭内野手陣で最も安定していた。打撃を強化すれば、試合出場も見込める。左の巧打者である内藤 大輔内野手(県立岐阜商)、市橋 優大内野手(八王子)もシャープなスイングで長打を量産する。

 北戸 丈博内野手(金沢)は、主力打者として広角に打ち分ける打撃が持ち味だ。三塁手の背戸川内 晴哉広陵)も高い守備力を武器にする。溝崎 悠貴外野手(星城)はパワフルなスイングで次々と長打を量産するスラッガーだ。