羽田野 温生、松澤 海渡


 東洋大の卒業生の進路が発表された。22年度の4年生は投打ともに粒ぞろいの世代だった。

 156キロ右腕の羽田野 温生投手(汎愛)は継続する予定だ。

 安定した投球で、昨春のリーグ戦優勝に大きく貢献した松澤 海渡投手(帝京)は日本通運に進む。大型左腕として活躍した渡邊 友哉投手(報徳学園)はNTT西日本へ。

 ガッツ溢れるプレースタイルと強打でチームを牽引した主将・小口 仁太郎内野手(智辯学園)はHondaに進む。抜群の俊足を誇る松本 渉外野手(龍谷大平安)は日本生命に進む。

 硬式10人、軟式4人と東洋大の出口の強さを発揮しており、特に投手は8人継続。これからも投打ともに素質を伸ばし、実戦でアピールできれば、改めて注目を浴びる大学になることは間違いない。