立花 祥希、板川 佳矢、宮田 知弥

 第53回明治神宮大会は11月24日、高校の部では大阪桐蔭(近畿・大阪)が史上初の大会2連覇、大学の部では明治大(東京六)が6年ぶり7度目の優勝で幕を閉じた。

 今回は今大会に出場した横浜高(神奈川)のOBを紹介する。

 国際武道大(関東五第2代表)の板川 佳矢投手(4年)は環太平洋大(中国・四国三)との試合で先発。高校時代にU-18にも選ばれた好左腕は、大学野球最後の舞台で7.2回を2安打7奪三振2失点の投球だった。

 同じく国際武道大の明沢 一生内野手(3年)は出場機会がなかった。

 國學院大(東都)の冨田 進悟内野手(2年)は明治大との決勝戦で6回から途中出場。また、立花 祥希捕手(1年)は仙台大戦で代打本塁打を放った。

 明治大の宮田 知弥内野手は1年生ながら2試合で先発出場したが計6打席で無安打の結果となった。