針谷 隼和、古川 翼、藤森 康淳、川崎 広翔

 東京六大学の名門・法政大が新入生を発表した。

【投手】

 針谷 隼和投手(桐光学園)は完成度の高いフォームから繰り出す140キロ前後の速球が切れ味抜群で、高い制球力、高いゲームメーク能力を兼ね備え、この春は関東大会にも出場している。片山 悠真投手(八王子)は投打ともに潜在能力が高い本格派右腕。最速142キロの直球は角度があり、魅力的だ。山口 凱矢投手(桐蔭学園)は躍動感のあるフォームから140キロ中盤の速球で圧倒し、切れ味鋭いスライダーも魅力の速球派右腕で、この春は関東大会出場を果たし、力強い投球を見せた。

 実績という意味では、古川 翼投手(仙台育英)が一番だろう。夏の甲子園優勝を経験した古川は、好調時、安定して140キロ中盤をマーク。右打者の内角に決まるクロスファイヤーが魅力で、切れ味鋭いスライダーで多くの三振を奪う投球も光る。

 伊藤 要投手(平塚学園)も躍動感溢れる投球フォームから140キロ前後の速球で勝負する。

 将来性の高い速球投手が多くが合格した。

【捕手】

 川崎 広翔捕手(日大三)は抜群の強肩を誇る捕手で、その球筋はまるで投手。打撃を磨き、正捕手の座を狙っていきたい。

 土肥 憲将捕手(鳴門)は抜群の強肩を誇る好捕手で、パンチ力ある強打が魅力。

 中西 祐樹捕手(木更津総合)は安定したリードで投手を盛り立て、パンチ力ある強打も魅力だ。

【内野手】

 金谷 竜汰内野手(東海大菅生)は安定した守備力でチームをもり立てる好遊撃手。コンパクトな打撃で安打を量産する。

 深谷 謙志郎内野手(東海大相模)は堅実かつ躍動感のある動きが光る一級品の守備を持つ。元気の良いプレースタイルも魅力で、それほど打撃力が高い選手ではないが、守備重視で勝負する選手になる。そのため二遊間こそ生きる選手ではないだろうか。

 藤森 康淳内野手(天理)はU-18代表を経験。速球に強く、高い打撃技術が光る。軽快な動きが光る二塁守備も魅力で、合格した内野手の中で最も試合出場が期待できる対応力の高さがある。二遊間以外のポジションも十分にあるだろう。

【外野手】

 西 凌矢外野手(広陵)は、阪神・西 純矢投手(創志学園出身)の弟。センバツ以降から急速に本塁打を量産するようになり、強打の外野手に大きく成長した。

 どのポジションでもポテンシャルの高い選手が合格。トレーニング環境がしっかりとして、個人練習も大事にしポテンシャルを伸ばす法政大の環境なら、大きく成長する選手が出てくるのは間違いない。4年後、ドラフトを意識できる選手が多く現れることを期待したい。