13日の全日本大学準硬式野球東西対抗日本一決定戦甲子園大会(以下、甲子園大会)。開催に向けて選手選考を実施した際、大学準硬式らしく文武両道を貫き、学校の成績も一定以上の成績を収めていることを前提に、各ポジションで基準が作られた。

 投手陣については、以下の基準が設けられた。

オーバースローの場合は 140キロ以上、サイドスローは 135キロ以上、アンダースローは130キロ以上である者
※左投手は右投手の基準から5キロ減とする。

 期待がかかるのは福岡大・西山 侑氷投手(4年=都城西)と関西学院大・池端 航洋投手(3年=土佐)の2人。ともに最速145キロを計測する速球派投手である。西日本選抜では最速となる快速球を投げ込む2人が投手陣をけん引する。

 右投手では他にも、9月に開催された清瀬杯大会で準優勝飾った実績を持つ甲南大の主力投手・鐘搗 啓介投手(3年=)、最速141キロの徳島文理大・西村 和真投手(3年=高知小津)が呼ばれた。

 左投手では、関西学院大・水 渉夢投手(3年=中京)が注目。高校時代は軟式野球で腕を磨いた。高校時代に全国制覇を達成した実績を積み、大学準硬式でも多彩な変化球と伸びのある直球で活躍してきた。甲子園の舞台でどんなピッチングを見せてくれるのか。

 このほかにも1年生ながら、最速143キロをマークしていた金沢星稜大・春木 奎吾投手(1年=大野)と様々な経歴を持った選手たちが選ばれた。

 選ばれた8人全員が、高校時代に甲子園への出場は叶わなかった。思わぬ形で甲子園のマウンドに立つことになった8人がマウンドでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。