13日の全日本大学準硬式野球東西対抗日本一決定戦甲子園大会(以下、甲子園大会)。開催に向けて選手選考を実施した際、大学準硬式らしく文武両道を貫き、学校の成績も一定以上の成績を収めていることを前提に、各ポジションで基準が作られた。

 投手陣については、以下の基準が設けられた。

オーバースローの場合は 140キロ以上、サイドスローは 135キロ以上、アンダースローは130キロ以上である者
※左投手は右投手の基準から5キロ減とする。

 かなり厳しい基準を設けた中で選ばれた投手は9人。精鋭揃いで甲子園大会での躍進が期待される。

 中央大・石井 竜弥投手(3年=浦和学院)は名門・浦和学院(埼玉)で腕を磨き、2年生の時には甲子園のベンチにも入った。現在は中央大の主戦投手。強豪の道を歩んできた剛腕左腕は、横回転の強いスリークオーター気味の投球モーションから、快速球を投げ込む。

 左投手なら最速139キロの北海学園大・松屋 駿汰投手(2年=岩内)もいるが、右投手は甲子園経験者が2人もいるなど、選手層が厚い。

 新型コロナウイルスの影響で出場が叶わなかった法政大・藤中 壮太投手(2年=鳴門)は最速142キロを誇る。無駄の少ない投球モーションから、スピンのきいた直球を投げ込む。先日の記者会見にも参加し、選手を代表して意気込みを口にしていた。2年前の悔しさを、思う存分発揮してほしい。

 もう1人は中京大・道﨑 亮太投手(3年=東邦)。最速147キロをマークする剛腕だが、東邦時代は控え投手で、投打の柱・石川 昂弥内野手(現中日)とともにセンバツ優勝を味わった。夏の全日本大学準硬式野球大会でも快投を見せたが、甲子園大会でも楽しみだ。

 この2人を超える剛腕が、慶応義塾大・日比谷 元樹投手(3年=慶應義塾)、筑波大・橋本 剛石投手(2年=市立浦和)だ。日比谷は149キロ、橋本は148キロと大学準硬式界では超一流。甲子園大会でも会場を沸かせてほしい。

 他にも高校時代は控え投手だった逸材、帝京大・山崎 陽平投手(3年=横浜隼人)、中京大・菊永 陽投手(4年=成章)、さらに北海道大・平野 駿投手(3年=浜松西)も140キロ超えの速球派投手だ。

 選ばれた9人の剛腕が、西日本の強打者をどう抑えるか。爽快感溢れる投球を見せてほしい。