今年の大学野球界で、トップレベルのショートストップとして評判が高い選手が天理大の友杉篤輝内野手(4年=立正大淞南)ではないだろうか。

 天理大が所属する阪神大学リーグで2度の首位打者に輝いた。今年の大学選手権では、初戦敗退ながら、2打数1安打、1盗塁と自慢のスピードを見せ、スカウト陣にアピールした。

 大学日本代表にも選ばれ、多くの球団から熱視線を浴びている。そんな友杉のプレーに密着。

 基本を忠実に守ったフットワークは軽快で、スピードも抜群。捕球技術も高く、遊撃手を確保したい球団にとっては絶好の選手ではないだろうか。

(動画を見る)