駒澤大・林琢真(4年=東邦)

 大学日本代表の選考合宿が開催され、特に内野手の見せ場であるシートノックでは、ショートの動きが目立ったが、セカンドの動きも良かった事も伝えたい。その中で、駒澤大・林琢真内野手(東邦出身)の動きも光った。

 基本に対して忠実に動く事ができる選手で、無駄のない動きでボールを軽快に捌いていた。さらに参加した選手の中でもトップクラスの脚力を持った選手であった。バットコントロールも素晴らしく、ヒットも量産。見事に代表入りを掴んだ。

(動画を見る)