<東都大学野球春季リーグ:日本大9-4中央大>◇18日◇1回戦◇神宮

 東都大学野球の1部の中央大は、春季リーグで3位に位置しているが、1年生の活躍が目覚ましい。

 日本大との1回戦では、繁永 晟内野手(1年=大阪桐蔭)と皆川 岳飛外野手(1年=前橋育英)が躍動した。
 皆川は、日本大相手に二塁打を含む3安打のチーム唯一の猛打賞。リーグ戦全体でも、44打数14安打で打率.318と10位タイの好成績をマークするなどチームの戦力になっている。

 繁永も日本大との試合は1安打をマークした。リーグ通算でも、打率.286と皆川には劣るものの、全試合に出場するなど首脳陣からの期待値の高さが分かる。

 勝ち点奪取には、2回戦以降の連勝が求められる。ルーキーの力で逆境をはねかえす。

(動画を見る)