目次
東京六大学野球
東都大学野球1部
東都大学野球2部
首都大学野球
東京新大学野球
千葉大学野球
神奈川大学野球
愛知大学野球
関西学生野球
関西六大学野球
近畿学生野球
京滋大学野球
阪神大学野球
北海道学生野球
仙台六大学野球
南東北大学野球
北東北大学野球
北陸大学野球
九州大学野球
福岡六大学野球

 全国大会出場も多い金沢学院大(北陸大学野球連盟)の注目の新入生を紹介したい。

 大槇 優斗投手(おかやま山陽)は、昨夏決勝戦まで勝ち上がった本格派右腕。140キロ後半の速球は威力抜群で、投球術を磨き、全国レベルでの活躍を目指す。孫大 侑也投手(明秀日立)も昨年の投手陣の中心として活躍した。

 行方 丈内野手(県立岐阜商)は巧打者として、梅村 豪内野手(県立岐阜商)は強打者として、ともに昨年は春夏連続で甲子園出場を経験した。遠藤 瑠祐玖内野手(柴田)は堅守を武器に活躍。入川 康陽内野手(浦和実)は巧打堅守の二塁手だ。

 これら逸材たちが今後、主力選手への成長を目指す。

(文・河嶋 宗一