目次
東京六大学野球
東都大学野球1部
東都大学野球2部
首都大学野球
東京新大学野球
千葉大学野球
神奈川大学野球
関西学生野球
関西六大学野球
近畿学生野球
北海道学生野球
仙台六大学野球

 愛知大学野球リーグの強豪・中京大。例年、全国レベルの逸材が集まるが、今年も楽しみな選手が多く入学した。

 投手陣で楽しみなのが、髙木 快大投手(栄徳)だ。惚れ惚れするような縦振りの投球フォームから繰り出す140キロ前半の速球は伸びがある。古川 秀弥投手(福岡大大濠)はU-15代表経験者で、高校時代は野手メインだったが、昨春の九州大会でもリリーフ登板して130キロ後半の速球を投げ込むなど、楽しみな逸材と思っていた。そのため大学での投手転向は大いにありだ。

 中京大中京からは、右サイドの大矢 琉晟投手と、技巧派左腕・柴田 青投手が入部した。髙松 将斗投手(健大高崎)は昨年のセンバツも完投勝利を挙げた技巧派右腕だ。樋上 颯太投手(大阪桐蔭)はU-15代表に選ばれ、140キロを超える速球を投げる右腕として評判だったが、大阪桐蔭では目立った活躍ができなかった。大学では実力を発揮できるか注目をしていきたい。大型右腕・堀田 琉生投手(三重)も成長が楽しみな逸材。130キロ後半の速球を投げ込む右腕・水野 航太朗投手(中部大春日丘)も野球センス抜群の逸材だ。森 新之助投手(報徳学園)は140キロ前半の速球を投げ込み、大化けする可能性を持っている。

 野手では、巧打者・白井 真弘内野手(享栄)が秀逸なバットコントロールを武器にしている。吉里 竜門内野手(健大高崎)も一級品の俊敏な遊撃守備を持つ。プロから注目された秋山 俊外野手(仙台育英)は走攻守ともに三拍子揃った逸材で、4年後にドラフト上位候補へ育つか注目したい。髙村 尚杜外野手(健大高崎)も健大高崎で培った長打力を発揮できるか。

 地方リーグながらここまで全国レベルの選手が入るチームもなかなかない。4年後の中京大が楽しみだ。

(文・河嶋 宗一