主な大学野球新入生一覧
東京六大学野球
東都大学1部
東都大学2部
首都大学野球
千葉大学野球
神奈川大学野球
関西学生野球
関西六大学野球
近畿学生野球
北海道学生野球


 東京六大学野球連盟に所属し、華のある選手が揃うチームとして話題の立教大。今年も華のある選手が多く入学した。甲子園出場選手、地方の逸材など注目選手を紹介していきたい。

 まず紹介するのは智辯学園(奈良)出身の小畠 一心投手だ。オール住之江ヤング時代から140キロ近い速球を投げており、U-15代表を経験。高校1年春からベンチ入りし、甲子園デビュー。高校3年では先発、リリーフと活躍し、見事に甲子園準優勝に貢献した。コンスタントに140キロ前半の速球に、スライダー、カーブ、チェンジアップを投げ分けてゲームメイクでき、即戦力として活躍が期待できそうだ。

 竹中 勇登投手(大阪桐蔭)も小畠投手とともにU-15代表を経験し、威力ある直球を投げていた。高校時代では、3年春の公式戦から先発投手として投げる機会も増え、中心投手として活躍した。140キロ前後の速球と切れ味鋭いスライダーを武器にゲームメイクできるのが強みで、小畠と同じく、社会人対抗戦でベンチ入り。活躍を期待したい。

 前野 唯斗投手は佼成学園(東京)時代、最速142キロを誇る速球派右腕として活躍。球速表示以上に勢いのある直球を投げるのが印象的だ。さらに佼成学園では文系コースで2年の時はオール5。文武両道についても話をしてくれた。立教新座から最速138キロ右腕・高橋龍太郎投手が入部。力強いリリースで質の高い球を投げ込む。同期には甲子園を経験した選手も多いが、まずは結果を残してベンチをつかめるか注目したい。

 仙台育英(宮城)出身の吉野 蓮投手は高校時代、投げては140キロ後半、打者としては本塁打量産の二刀流だったが、大学では投手登録。投手としてどんな活躍を見せるか注目だ。

 西川 侑志捕手は神戸国際大附(兵庫)時代、正捕手として春1勝、夏ベスト8に導いた。パンチ力のある打撃と堅実なスローイングで、捕手として総合力が高く、今年入学した選手の中でも中心選手の活躍が期待できそうだ。2季連続で甲子園を経験し、好投手の持ち味を引き出した北田 大翔捕手(広島新庄)にも注目だ。

 川越東(埼玉)出身の矢矧 慶多捕手は、遠投100メートル超えの強肩とパンチ力ある打撃が持ち味の好捕手で、文武両道を実践しながら、2年秋はベスト8、3年夏は4回戦と、中心選手として活躍した。

 鈴木 唯斗外野手は東邦時代、愛知県屈指のスラッガーとして注目された。今年の入学選手でもNo.1の長打力があり、4年間でNPBが狙える選手へ成長できるか注目だ。中京大中京時代は、巧打の外野手として評価されていた桑垣 秀野は昨年、センバツ4強を経験している。

 國學院久我山(東京)の内山 凜外野手は、3年春の都大会で3試合連続弾を放った経験もある左の巧打者で、大きく活躍を期待される。白金 凌外野手(立教新座)は高校時代、三塁手では軽快な守備を見せると、打席では上手くボールの下半分を捉えて痛烈な打球を飛ばしていく、堅守強打の内野手という印象が強かった。登録は外野手となっているが、ベンチ入り、スタメンをつかめるか楽しみだ。