ロッテに3位指名を受けた剛腕・廣畑敦也投手(玉野光南-帝京大)を擁して20年から2年連続で都市対抗野球に出場した三菱自動車倉敷オーシャンズには9人の新人選手が加入する。

 奥野 雄介投手(開成)は東大のエースとして活躍し、昨春は法政大相手に勝利投手となった。好調時は143キロをマークするほどの潜在能力の高さを秘める。國學院大の小川 樹投手は関東一時代から打たせて取る投球が持ち味の技巧派右腕だが、140キロ前後の速球を投げ込む。

 関西大の香川 麗爾投手も大阪桐蔭時代から注目されてきた速球投手。徳山大の尾花 鉄太(藤蔭)はプロ志望届を提出した速球派右腕だ。長谷川 康生投手(玉野商工)は高校1年から速球派左腕で、21年の岡山を代表する速球派左腕だった。進路に注目が集まっていたが、三菱倉敷オーシャンズでプレーすることとなった。

 福井工大の尾堂 吉郎内野手(れいめい)は強力打線を牽引し、大学選手権でも勝負強さを発揮した右のクラッチヒッターだ。高卒の福島 未来翔内野手(小松)も俊足巧打の二塁手として将来性が高い。猪崎 真也内野手(興譲館-上武大-履正社医療スポーツ専門学校)は履正社学園共催大会 Fun Baseball League で打率.631をマークし、打撃賞を受賞。さらにレベルが高い環境でプレーすることとなった。

 外野手の安藤 優汰(米子北-環太平洋大)は1年秋に明治神宮大会に出場。走攻守三拍子揃った外野手で、中国地区の大学野球ではトップクラスの実力を持っている。

 プロ注目左腕、外野手を筆頭に多くの実力派が加入。今年の三菱倉敷オーシャンズも楽しみだ。

(記事=河嶋 宗一