広島時代の鈴木誠也

 来春に予定されているワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にエンゼルス・大谷 翔平投手(花巻東出身)、パドレス・ダルビッシュ 有投手(東北高出身)に加え、カブス・鈴木 誠也外野手(二松学舎大附出身)も参戦を決めた。

 豪華さという点では、2006年、2009年に匹敵するほどのメンバーといっていい。この2大会にはメジャーリーガーは何人いたのか。

【2006年】レンジャーズ・大塚 晶文投手(横芝敬愛出身)
マリナーズ・イチロー外野手(愛工大名電出身)
【2009年】
レッドソックス・松坂 大輔投手(横浜高出身)
マリナーズ・城島 健司捕手(別府大付出身)
レイズ・岩村 明憲内野手(宇和島東出身)
カブス・福留 孝介外野手(PL学園出身)
マリナーズ・イチロー外野手(愛工大名電出身)

 とにかく09年は豪華だった。09年はダルビッシュ、田中 将大投手(駒大苫小牧出身)、岩隈 久志投手(堀越出身)と当時のパ・リーグを代表する投手がその後MLBへ移籍。また川崎 宗則内野手(鹿児島工出身)、青木 宣親外野手(日向高出身)、藤川 球児投手(高知商出身)、渡辺 俊介投手(國學院栃木出身)、中島 裕之内野手(伊丹北出身)、西岡 剛内野手(大阪桐蔭出身)もその後、海を渡った。

 23年のWBCメンバーもかなり豪華になるに違いない。