高校時代の村松 開人(静岡)

 今年のドラフト会議では支配下69人、育成で57人の合計126人が指名を受けた。

 上位指名の浅野 翔吾外野手(高松商→巨人1位)や松尾 汐恩捕手(大阪桐蔭→DeNA1位)をはじめ、下位指名でも山田 陽翔投手(近江→西武5位)に、林 優樹投手(近江→西濃運輸→楽天6位)のように甲子園を沸かせた選手は多い。

 そこで各球団の支配下指名選手の甲子園出場歴を振り返ってみたい。(2020年の交流試合は含めない)

 中日は事前の公表どおりにドラフト1位で仲地 礼亜投手(嘉手納高出身)に入札。他球団との重複はなく、単独で交渉権を獲得した。沖縄県内の大学から史上初となるドラフト指名を受けた仲地は嘉手納高出身。甲子園出場経験のある高校だが、仲地は3年間で1度も出場することができなかった。

 ドラフト2位の村松 開人内野手(静岡高出身)は2年春、3年春と2度にわたって甲子園に出場した。2年春は初戦の不来方(岩手)戦で2安打を放ち勝利に貢献するも、2回戦で来年からチームメートとなる根尾 昂投手(現中日)らを擁する大阪桐蔭(大阪)に敗れた。この試合で村松は4打数1安打だった。3年時も初戦は突破するも2戦目で森下 翔太外野手(阪神ドラフト1位)を擁する東海大相模(神奈川)戦で敗退。この試合では3打数ノーヒットに終わっている。

 ドラフト3位の森山 暁生投手(阿南光出身)は2年夏の甲子園に出場。初戦で沖縄尚学(沖縄)相手に8回8失点(自責7)と打ち込まれ敗退した。同4位の山浅 龍之介捕手(聖光学院出身)は3年春夏の甲子園に出場した。春の甲子園では山田 陽翔投手(西武5位)擁する近江(滋賀)に敗れた。山田との対戦は3打数ノーヒット1死球だった。夏の甲子園では同校史上初のベスト4進出を果たしている。

 下位指名の選手ではドラフト6位の田中 幹也内野手(東海大菅生出身)が、同学年の戸田 懐生(現巨人)とともに2年夏の甲子園に出場しベスト4進出を果たした。準決勝では野村 佑希内野手(現日本ハム)、西川 愛也外野手(現西武)、そしてチームメートとなる清水 達也投手(現中日)を擁する花咲徳栄(埼玉)に延長戦で敗れた。

 ドラフト5位の濱 将乃介内野手(東海大甲府出身)、同7位の福永 裕基内野手(天理出身)は甲子園出場経験がなかった。

【中日ドラフト指名】

<支配下>
1位:仲地 礼亜嘉手納高→沖縄大/投手)
2位:村松 開人静岡高→明治大/内野手)
3位:森山 暁生阿南光/投手)
4位:山浅 龍之介聖光学院/捕手)
5位:濱 将乃介東海大甲府→四国IL高知→NOL福井/内野手)
6位:田中 幹也東海大菅生→亜細亜大/内野手)
7位:福永 裕基(天理→専修大→日本新薬/内野手)

(記事=勝田 聡)