今年のドラフト会議では支配下69人、育成で57人の合計126人が指名を受けた。

 上位指名の浅野 翔吾外野手(高松商→巨人1位)や松尾 汐恩捕手(大阪桐蔭→DeNA1位)をはじめ下位指名でも山田 陽翔投手(近江→西武5位)に林 優樹投手(近江→西濃運輸→楽天6位)のように甲子園を沸かせた選手は多い。

 広島はドラフト1位で事前の公表どおりに斉藤 優汰投手(苫小牧中央)へ入札。他球団との重複はなく単独での入札となり交渉権を獲得した。

 斉藤に甲子園出場の経験はなく今夏の南北海道大会では準決勝で札幌大谷高に敗れ敗退した。同2位の内田 湘大内野手(利根商)、同3位の益田 武尚投手(嘉穂→北九州市立大→東京ガス)も高校時代に甲子園の土を踏むことはできなかった。

 ドラフト4位の清水 叶人捕手(健大高崎)は、2年春の甲子園でベンチ入りするも出番はなかった。3年夏の群馬大会では準決勝で内田擁する利根商と対戦し健大高崎が勝利している。

 ドラフト5位の河野 佳投手(広陵→大阪ガス)は2年夏、3年春と2度甲子園に出場した。2年夏は初戦の二松学舎大附戦で中継ぎ登板。1回無失点の内容だったものの、チームは敗退した。3年春は初戦で武岡 龍世内野手(現ヤクルト)擁する八戸学院光星相手に完封勝ち。武岡との対戦は4打数1安打だった。しかし続く東邦戦では石川 昂弥内野手(現中日)に一発を浴びるなど3回途中6失点で敗れている。

 ドラフト6位の長谷部 銀次投手(中京大中京→慶応大→トヨタ自動車)は2年夏の甲子園に出場。しかし登板機会は訪れなかった。同7位の久保 修外野手(石見智翠館→大阪観光大)は石見智翠館高校で水谷 瞬外野手(現ソフトバンク)と同級生。後のNPBプレーヤー2人を擁するも甲子園には手が届かず。3年夏の島根大会では決勝で益田東に敗れた。

【広島ドラフト指名】

<支配下>
1位:斉藤 優汰苫小牧中央/投手)
2位:内田 湘大利根商/内野手)
3位:益田武尚(嘉穂→北九州市立大→東京ガス/投手)
4位:清水 叶人健大高崎/捕手)
5位:河野 佳広陵→大阪ガス/投手)
6位:長谷部 銀次中京大中京→慶応大→トヨタ自動車/投手)
7位:久保修(石見智翠館→大阪観光大/外)

(記事=勝田 聡)