高校時代の澤井 廉(中京大中京)

 今年のドラフト会議では支配下69人、育成で57人の合計126人が指名を受けた。

 上位指名の浅野 翔吾外野手(高松商→巨人1位)や松尾 汐恩捕手(大阪桐蔭→DeNA1位)をはじめ、下位指名でも山田 陽翔投手(近江→西武5位)に、林 優樹投手(近江→西濃運輸→楽天6位)のように甲子園を沸かせた選手は多い。

 そこで各球団の支配下指名選手の甲子園出場歴を振り返ってみたい。(2020年の交流試合は含めない)

 セ・リーグ2連覇を飾ったヤクルトは、ドラフト1位で吉村 貢司郎投手(日大豊山出身)に入札し、交渉権を獲得した。即戦力候補として名高い吉村だが、日大豊山(東京)時代に甲子園出場はない。3年夏の東東京大会では決勝まで進むもオコエ 瑠偉外野手(現楽天)を擁する関東一相手に2対14で大敗。吉村は4回途中8失点だった。

 ドラフト2位以下では3位の澤井 廉外野手(中京大中京出身)、5位の北村 恵吾内野手(近江出身)に甲子園出場経験がある。

 澤井は1学年上の伊藤 康祐外野手、鵜飼 航丞外野手(ともに現中日)とともに2年夏の甲子園に出場。初戦で中村 奨成捕手(現広島)擁する広陵(広島)相手に6対10で敗れた。「3番・右翼」で出場した澤井は4打数1安打1死球の内容だった。

 同5位の北村 恵吾内野手(近江出身)は1年夏、3年春夏と3度甲子園に出場した。1年夏は常総学院(茨城)に敗れ初戦敗退。北村は1年生ながら「4番・一塁」でスタメン出場し、鈴木 昭汰投手(現ロッテ)からは安打を放つなど3打数1安打の内容だった。

 3年春は初戦の松山聖陵(愛媛)戦で土居 豪人投手(現ロッテ)から2打数1安打2四球。続く星稜(石川)戦では途中から登板した奥川 恭伸投手(現ヤクルト)から2打数1安打の内容だった。

 3年夏は1学年下の林らとともにベスト8に進出。北村は「4番・三塁」で全4試合に出場し打率.529(17打数9安打)、2本塁打の活躍を見せた。

 ドラフト2位の西村 瑠伊斗外野手(京都外大西出身)と同4位の坂本 拓己投手(知内高出身)の高卒組は甲子園出場経験がなかった。

【ヤクルトドラフト指名】

<支配下>
1位:吉村 貢司郎日大豊山→國學院大→東芝/投手)
2位:西村 瑠伊斗京都外大西/外野手)
3位:澤井 廉中京大中京→中京大/外野手)
4位:坂本 拓己知内高/投手)
5位:北村 恵吾近江→中央大/内野手)

(記事=勝田 聡)