ペナントレースも残りあと僅かになってきた。セ・リーグ優勝はヤクルトに決まり、クライマックス・シリーズ出場権を賭けた戦いは熾烈を極めている。と、同時に個人タイトル争いも佳境に入ってきた。

 昨シーズンのタイトルホルダー並びにトップ5人は今シーズンも同じようにタイトルを争っているのだろうか。タイトルごとに今シーズンと昨シーズンの顔ぶれを比較してみたい。

 セ・リーグの最高出塁率はヤクルト・村上 宗隆内野手(九州学院出身)が出塁率.459で独走している。2位の中日・大島 洋平外野手(享栄出身)の出塁率.376とは大きな差があり、残り試合はまだあるが当確と言っていい。3位以下は巨人・丸 佳浩外野手(千葉経大附出身)の出塁率.369、DeNA・宮崎 敏郎内野手(厳木出身)の出塁率.3613、DeNA・佐野 恵太外野手(広陵出身)の出塁率.3610と各球団の中軸打者が続いている。

 昨シーズン最高出塁率のタイトルを獲得したのは出塁率.433で、今年カブスに移籍した広島・鈴木 誠也外野手(二松学舎大附出身)。2位が出塁率.408の村上だった。同3位は広島・坂倉 将吾捕手(日大三出身)だったが、出塁率.390から出塁率.350と数字を下げた。

 同4位は出塁率.376の佐野だった。今シーズンも上位5人に名を連ねているが、少し数字を落としている。同5位のヤクルト・山田 哲人内野手(履正社出身)は出塁率.370から出塁率.331。初めて規定打席に到達した2014年以降でワーストとなっており苦しんでいる。

 昨シーズンと比べてトップの数字こそ上がっているが、2位から5位までの数字はすべて下がった。そのなかで村上だけは記録的な出塁率を残している。

 シーズンの最高出塁率は1986年に落合博満(ロッテ)が記録した.487。10位が2001年のペタジーニ(ヤクルト)で出塁率.466。ヤクルト村上がこの数字を超え、歴代トップ10に入ってくるか。こちらにも注目していきたい。

<2022セ・リーグ出塁率上位ランキング>
出塁率.459 村上 宗隆(ヤクルト)
出塁率.376 大島 洋平(中日)
出塁率.369 丸 佳浩(巨人)
出塁率.3613 宮崎 敏郎(DeNA)
出塁率.3610 佐野 恵太(DeNA)

<2021セ・リーグ打率上位ランキング>
出塁率.433 鈴木 誠也(広島)
出塁率.408 村上 宗隆(ヤクルト)
出塁率.390 坂倉 将吾(広島)
出塁率.376 佐野 恵太(DeNA)
出塁率.370 山田 哲人(ヤクルト)

※数字は2022年9月28日終了時点

(文=勝田 聡)