7月23日、長崎ビッグNスタジアムにてフレッシュオールスターが開催されている。

 両チームの先発はともにドラ1だ。イースタン選抜は日本ハム1位の達 孝太投手(天理出身)、ウエスタン選抜は森木 大智投手(高知出身)となった。

 2人の先発が発表されると、ファンから歓喜の声が多い。
「森木、楽しみ」「高卒ドラ1対決は熱い!」「楽しみすぎる」「達くん、頑張れ」と両投手を応援する雰囲気となっていた。その2人は期待通りの熱投。達は先頭打者本塁打を打たれたが、その後は145キロ前後の速球、130キロ台のスライダー、フォークを織り交ぜ2奪三振を記録し、森木も先頭打者を152キロのストレートで見逃し三振に奪い、簡単に二死としたが、その後、ヒット、四球で一、二塁のピンチを招いたが、5番のロッテ・山本大斗外野手を150キロのストレートで見逃し三振に奪い、達と同じく、2三振を記録した。2人の投球にファンは「森木くん、一軍で見たい!」「達くん、かっこいい!」という声もあった。

 去年の高校野球を沸かせた2人の剛腕はしっかりと成長した姿を示してくれた。