7月23日に予定されている「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2022」(長崎)に選出されている阪神・森木 大智投手(高知高出身)が2日、甲子園で行われたオリックスとの2軍戦で先発し、最速155キロをマークして6回2安打9奪三振、無失点の快投を見せた。

 森木は三振が奪える先発投手として期待が高い。この試合では防御率4.70まで落ち着いたとは言え、まだ好不調の波がある。プロの打者になると一気に失点を重ねる試合も多いが、4月のカナフレックスとのオープン戦で5回9奪三振の快投を見せるなど、リリース、フォームの感覚がガシッと嵌った時は簡単に打てない。2軍では30.2回、36奪三振と投球回を上回る三振を奪っている。

 失点を抑えて、試合を作り、なおかつ三振を奪える投球が継続できれば、シーズン終盤にも1軍デビューも十分あり得る。