プロ初登板で1回無失点の好投を見せた北海道日本ハム・柿木 蓮投手(大阪桐蔭出身)は19日、ロッテ戦の9回表に登板し、三者凡退の投球を見せ、2試合連続無失点となった。

 まず先頭打者を打ち取ると、次は大阪桐蔭時代の同僚・藤原 恭大外野手と対戦し、遊邪飛に打ち取り、そして代打・マーティン外野手から三振を奪い、プロ初奪三振を記録した。

 高卒4年目でついに掴んだ一軍のマウンドで2試合続けて結果を残したことは柿木をさらに成長させるきっかけになるかもしれない。