パ・リーグの投手勝利数ランキングを見ると、6球団の勝ち頭の6投手がトップタイの4勝で並んでいる。(5月16日現在)

田中 将大投手(楽天=駒大苫小牧出身)4勝1敗 防御率1.17
佐々木 朗希投手(ロッテ=大船渡出身)4勝0敗 防御率1.47
髙橋 光成投手(西武=前橋育英出身)4勝2敗 防御率1.67
山本 由伸投手(オリックス=都城高出身)4勝2敗 防御率1.97
東浜 巨投手(ソフトバンク=沖縄尚学出身)4勝1敗 防御率2.45
伊藤 大海投手(日本ハム=駒大苫小牧出身)4勝3敗 防御率2.72

 完全試合を達成した佐々木朗、ノーヒットノーランを達成した東浜、そして田中、伊藤も今シーズン完封勝利を挙げている。山本のQS率は85.7%、高橋のQS率は87.5%といずれもハイレベルな数値をたたき出している。

 ここまで球団を代表する主力投手が、そろって好成績を残して激しい争いを繰り広げている。このままレベルの高い競争が続き、パ・リーグ全球団から2ケタ勝利投手が誕生する可能性を感じさせる。