いよいよ2月から12球団がキャンプを開始。新シーズンに向けて本格的な準備に入ることになるが、そこにあわせてメンバーの振り分けが全球団から発表され、ドラフトで指名を受けたルーキーたちもそれぞれ分けられた。12球団のドラフト1位指名の選手たちが、どこからのスタートとなったのか。ドラ1戦士たちの現在地をまとめていきたい。

 12人中5人が1軍キャンプで迎えることが決まった。

 セ・リーグは4位以下のBクラス3球団のドラ1が1軍スタート。即戦力として期待される大卒の広島・黒原 拓未投手(智辯和歌山出身)、中日・ブライト 健太外野手(都立葛飾野出身)は、初日からアピールして開幕1軍の座をつかむことができるのか。2人の活躍に期待をしたい。

 そして高卒ドラ1で、三浦大輔監督(高田商出身)が長く背負った18番を継承する小園 健太投手(市立和歌山出身)も1軍キャンプに抜擢された。将来のエース候補として、トップレベルを体感することになる。実践経験による英才教育で、ステップアップすることができるか楽しみだ。

 一方のパ・リーグは2人。小園とは中学時代からバッテリーを組んできたロッテ・松川 虎生捕手(市立和歌山出身)が1軍キャンプからスタート。強肩強打の捕手として市立和歌山時代から注目を集めてきた逸材が、首脳陣へのアピールの機会をいきなりつかんだ。同球団には光星学院時代に打てる捕手として注目された田村龍弘捕手がいるが、それを超えられるような選手となれるか。

 2021年のドラフトで最多4球団競合となった隅田 知一郎投手(波佐見出身)。西武に入団し、即戦力として期待された左腕も早速1軍に召集された。右投手の台頭が目立つ西武投手陣の中で、貴重なサウスポーとして1年目から戦力となりたいところだ。

 残りの7人は2軍もしくは3軍からスタートとなった。チーム事情など理由はそれぞれだろうが、キャンプ期間中または、オープン戦を通じて1軍に呼ばれる可能性は十分にある。まずはプロの世界に1日でも早く馴染み、無事にキャンプを完走してほしいことを願うばかりだ。

<セ・リーグ>
ヤクルト・山下 輝投手(木更津総合出身)
→2軍

阪神・森木 大智投手(高知高出身)
→2軍

巨人・翁田 大勢投手(西脇工出身)
→2軍

広島・黒原 拓未投手(智辯和歌山出身)
→1軍

中日・ブライト 健太外野手(都立葛飾野出身)
→1軍

DeNA・小園 健太投手(市立和歌山出身)
→1軍

<パ・リーグ>
オリックス・椋木 蓮投手(高川学園出身)
→2軍(Bグループ)

ロッテ・松川 虎生捕手(市立和歌山出身)
→1軍(A組)

楽天・吉野 創士外野手(昌平出身)
→2軍

ソフトバンク・風間 球打投手(明桜出身)
→3軍(C組)

西武・隅田 知一郎投手(波佐見出身)
→1軍(A班)

日本ハム・達 孝太投手(天理出身)
→2軍