プロ野球界の2022年シーズンがスタートする。開幕は3月25日。2月1日のキャンプインから12球団が開幕に向けての準備期間に突入する。

 今季の見どころとして、今シーズン中に達成されそうな記録がある。今季はどんな記録がかかっているのか。各球団ごとに投手と野手に分けて紹介していく。

 今回は広島の投手。今季9年目となる大瀬良 大地長崎日大出身)が通算1000投球回へ秒読み態勢に入っている。8年間で積み重ねてきた数字は993回。1000投球回まではあと7回で、今季初先発で達成する可能性は十分ある。通算8年間、主に中継ぎだった2015年も含めた6シーズンで3ケタの投球回をマーク。そのうち5シーズンで2ケタ勝利を挙げてきた。先発陣が豊富な広島のなかにあって、抜群の安定感を継続している。

 その他、広島投手の達成がかかる主な記録は以下の通り。

 野村 祐輔広陵出身)
   100勝(あと23)

 中崎 翔太日南学園出身)
   150セーブ(あと35)

<広島で今季プロ入り後、10年目以上を迎える投手>
※2022年支配下登録で育成、MLB期間含む。カッコ内は出身高校。

15年目 菊池 保則常磐大高
14年目 中田 廉広陵
12年目 中崎 翔太日南学園
11年目 野村 祐輔広陵
    一岡 竜司(藤蔭