二軍では来シーズン以降の戦力を期待されている若手有望株、故障からの復帰を目指すリハビリ段階の主力、そしてベテランと様々な選手がしのぎを削っている。

 そのなかで今シーズンは誰が多くのチャンスを与えられてきたのだろうか。各球団の打席数上位5人を振り返ってみたい。

 今シーズンは42年ぶりに最下位となった西武だが、二軍でも一軍同様に最下位と苦しんだ。そのなかでもっとも打席を与えられたのが、日本ウェルネス出身のドラフト1位ルーキーの渡部 健人内野手(347打席)だった。

 渡部は打率.228(311-71)と確実性はやや低かったが、リーグトップタイの19本塁打、同トップの64打点を記録し、ルーキーながら打撃二冠に輝いた。一軍でも初出場を果たした4月4日のソフトバンク戦で初安打初本塁打をマーク。その後は当たりが出ず6試合の出場で安打はこの1本だけにとどまったものの爪痕は残した。

 渡部に次ぐ打席を与えられたのが、東海大相模出身のドラフト3位ルーキー、山村 崇嘉内野手(301打席)だ。高卒ルーキーながら規定打席に到達し、打率.217(281-61)、6本塁打とまずまずの成績を残した。一方、301打席で四球がわずか10個しかなく出塁率.250と苦しんでいる。出塁率の向上は来シーズンは一軍での出場を勝ち取るためにも重要だ。

 渡部と山村のルーキーコンビに続くのが、真颯館出身の高木 渉外野手(269打席)だった。昨シーズンは一軍で12試合に出場し2本塁打を放ったものの、今シーズンは一軍に定着できず出場はわずか6試合。シーズンを通じて二軍が主な主戦場となった。その二軍ではチーム2位となる12本塁打を放っており長打率も.429から.453へアップした。長打力のある外野手として一軍を目指す。

 沖縄・石川高出身でドラフト6位ルーキーのブランドン内野手(247打席)がチーム4位の打席数となった。247打席で10本塁打を放ち長打率.481を記録。規定打席には未到達ながら渡部の.466を上回った。一軍でも32試合に出場し打率.247(81-20)、3本塁打と結果を残しており、来シーズンは一軍定着からレギュラーを目指す。

 232打席を与えられた佐藤 龍世はシーズン途中に日本ハムへ交換トレードで移籍している。

<西武二軍・打席数上位5人>

渡部 健人(347打席)
打率.228(311-71) 19本塁打 64打点

山村 崇嘉(301打席)
打率.217(281-61) 6本塁打 33打点

高木 渉(269打席)
打率.252(234-59) 12本塁打 31打点

ブランドン(247打席)
打率.273(216-59) 10本塁打 30打点

佐藤 龍世(232打席)
打率.275(207-57) 6本塁打 23打点

(記事:勝田 聡)