25年ぶりのパ・リーグ優勝を果たしたオリックス。こうした優勝にはドラフトが大きい。今回はエース格2名を獲得したミラクルドラフトを実現した16年ドラフトを取り上げる。

<2016年>
1位:山岡 泰輔(東京ガス)
2位:黒木 優太(立正大学)
3位:岡﨑 大輔花咲徳栄
4位:山本 由伸都城
5位:小林 慶祐(日本生命)
6位:山﨑 颯一郎敦賀気比
7位:飯田 大祐(Honda鈴鹿)
8位:澤田 圭佑(立教大学)
9位:根本 薫霞ヶ浦
育成1位:張 奕(日本経済大学)
育成2位:榊原 翼浦和学院
育成3位:神戸 文也(立正大学)
育成4位:坂本 一将(石川ミリオンスターズ)
育成5位:中道 勝士(明治大学)

 まず山岡と山本のエース格を同年に獲得できるミラクルが起きた。山岡は怪我での離脱はあったが、2019年には13勝を挙げ、最多勝率を獲得。ここまで通算35勝をあげている。もう一度、2人がフル稼働する姿を見ていきたい。

 そして山本は球界のエースへ成長。今季は18勝を挙げ、5冠も達成。ダルビッシュ有、田中将大といったMLBに進んだ投手に並ぶ逸材となった。2位の黒木は2年間で94試合に登板。登板過多もあり、20年以降、一軍登板がない。近藤太亮もそうだが、来季、低迷期に活躍していた投手たちが日の目を見ることを願っている。

 岡崎は17年に5試合出場したが、育成枠に降格したが、支配下登録に復帰した。澤田は18年に47試合登板し、5年連続で10試合以上に登板している。

 今年育成枠に降格したが、潜在能力は抜群な榊原、プロ初勝利を挙げ、潜在能力はピカイチな山崎、育成から昇格し、剛速球を投げ込む張 奕はここまで29試合に登板している。他球団が羨むような潜在能力が高い投手を育てるオリックス。来季も16年ドラフト組が躍動することを期待したい。