ボーイズリーグは15日から活動自粛を一部解除。10項目の遵守事項で感染拡大には引き続き警戒

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.15

ボーイズリーグは活動自粛を一部解除した(※写真は昨年のU-15日本代表)

 日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)は5月14日、4月13日から通達していた活動自粛の通達を15日から一部解除することを発表した。今後は各都道府県、市町村の状況見ながら地区のブロック長の判断によって動いていくことになる。

 だが、依然として予断を許さない状況は続くだけに、活動にあたっては遵守事項もある。
 当面の間は「3密」を防ぐために、小学生の部は20人まで、中学生の部も学年ごとの練習にするなどして20人までで行い、練習時間も集合から解散まで各グループ1日3時間以内に定められている。

 その他にも、グラウンドに来るすべての関係者の検温や密閉空間での練習、ミーティングの禁止、また関係者のマスクの着用や会話時は2メートルほどの距離をとるなど、10項目に及ぶ遵守事項も併せて通達された。

 試合及び試合形式での練習は5月31日まで禁止されており、もし順調に感染拡大が終息していけば、6月には通常の練習が再開できるかもしれない。

 大会の開催については読めない状況だが、選手たちの思いが少しでも届くことを願いたい。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
中学球児の憧れ、日本代表選抜チームも相次いで中止、延期「気の毒だけど仕方ない」
活動中止の波が広がる中学野球 リトルシニアはTシャツの無償配布で「選手たちに勇気を」
東海大相模へ進学 県央宮崎ボーイズ・庄田聡史は「大根を並べて」140キロを計測

【関連記事】
名門・東京城南ボーイズでは野球の問題集で「イメージトレーニング」 【ニュース - 中学野球関連】
中学球児の憧れ、日本代表選抜チームも相次いで中止、延期「気の毒だけど仕方ない」 【ニュース - 中学野球関連】
第18回 「心気体技」で全国屈指の強豪に!「肉食系」の男たちを目指す京葉ボーイズの取り組みに迫る!【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第17回 ビジネスマンの顔を持つ監督が浸透させた「分析力」!東村山中央ボーイズの取り組みに迫る【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る