2019年のジャイアンツカップでベスト4入りするなど、全国での実績が目覚ましい八王子シニア。また八王子シニア出身の選手も全国舞台で活躍が目立つが、OB選手を見るとある共通点がある。それは長打力を持ち、強いスイングができる選手が多いこと。

 たとえば、菅野 秀斗選手(山梨学院ー愛知工業大)は選抜で本塁打も放つなど卓抜としたバットコントロールを持ったセカンドで、同学年の藤原 涼雅選手(学法石川-駒澤大)も171センチの小柄ながらフルスイング自慢のスラッガーだった。
 そして昨夏の甲子園で活躍を見せた147キロ右腕・谷 幸之助関東一 ー國學院大)も実は打撃が良く、東京代表に選出された際は木製バットで快音を響かせてヒットを連発していた。

 現2年生では、初谷 健心選手(関東一)と小田 康一郎選手(中京学院大中京)が当時1年生ながらスタメン出場。初谷選手は守備力重視の関東一の米澤監督が認めるほどの高い守備力が持ち味だが、打力も非常に高い巧打者で、小田もパンチ力が自慢の強打者だ。

 OBたちを見ると、八王子シニアは中学3年間の間に「強くバットを振る習慣」を徹底的に叩き込まれている印象を受けるが、実際チームを率いる和田義盛監督は、OBの活躍の裏にはフルスイングをさせる指導方針があると話し、打撃にも独自のルールを設けていることを明かす。

 「野手では遠くに飛ばせるように、投手では速い球が投げれるように、選手には意識させています。型にはめず大きく育てようと。
 特に野手には、ツーストライクまでは自分がフルスイングできるボールを打ちにいけと話していて、フォームもよほど悪いところは教えますが、あまり無理には変えないようにしています」

 古くでは西武ライオンズで活躍した高木大成氏など、計4名のプロ野球選手に輩出しており、冒頭でも挙げたように、昨年は中学野球最高峰の大会であるジャイアンツカップでベスト4に進出するなど、リトルシニアの名門として実績を残し続けている。

 現在はグランドので活動ができず、選手の自主性に任せている状態だが、「選手たちが自分でどこまで状態を保つことができているか楽しみ」と前向きに捉える。

 「もし夏に大会ができるのであれば、この期間にルールの中でしっかりと練習してきた選手が夏に活躍すると思います。緊急事態宣言も延長になり不安もありますが、連絡網を通じてしっかりと指示を出していきたいと思います」

 高校新1年生にも昨年U-15日本代表に選出された井坪 陽生選手(関東一)がおり、OBの活躍にも今後も注目が集まる。
 事態が終息したときに、八王子シニアの選手たち、そしてOBたちが再び活躍を見せることを楽しみ待ちたい。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
【試合レポート】ジャイアンツカップ2019準決勝 世田谷西シニアと八王子シニアが激突!
ほとんどが強豪校内定のU-15代表。U-15アジアチャレンジマッチ総括
【選手名鑑】関東一で1年からベンチ入り!初谷健心の寸評は?