名門ボーイズ、タイガースカップベスト4チームの現在の過ごし方

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.26

関西地区では選手と密に連絡を取るチームが多いようだ(※写真はタイガースカップ2019)

 再開のメドが立たない状況が続く野球界。中学野球でも、すべての連盟が活動の中止を各チームに通達しており、選手たちは自宅待機を余儀なくされている。

 野球が盛んな地域である関西地区も例外ではないが、電話取材を行って見えてきたのは選手と指導が密に連絡を取ってることだ。
 大阪府内で活動する強豪ボーイズリーグのチームは、各学年ごとの担当の指導者が選手たちと連絡を取っており、自宅でもできる練習メニューや精神面のフォローを行っている。チームの指導者は、保護者とも連絡を取り合いながら、選手たちの精神面に気を使っていると話す。

 「3年生はもちろん進路に不安を抱えているでしょうし、新1年生も入部してから3日で練習が中止になりました。親御さんからもストレスが多いようだと伺っていますし、チームとしてほっとけないですね」

 また奈良県内で活動し、関西地区屈指の好捕手・長岡真一郎擁する桜井シニアでは、長岡徹也監督が週に1度LINEで選手たちにメッセージを送り、野球への情熱を失わないように心がけている。
 チームの指導者は「条件はみんな同じ」としながらも、選手たちの気持ちを慮った。

 「選手たちには、体幹トレーニングなどのメニューを渡しています。
 またやる気を失わないために、鼓舞する気持ちを込めて週に1度選手たちにメッセージを送っています。選手たちからは『早くやりたい』という声が聞こえてきますが、命が懸かっていることなので、今は我慢ですね」

 その他にも、普段から書かせている野球ノートを写真にとってLINEで送ってもらうなど、コミュニケーションアプリを駆使して密に選手と連絡を取るといった声が多く聞こえてきた。
 感染拡大が1日でも早く終息して、選手たちの不安が晴れることを願いたい。

(取材=栗崎 祐太朗)


関連記事
中学野球もコロナの影響が…。中学硬式・軟式の各大会中止・延期情報一覧リスト
活動中止の波が広がる中学野球 リトルシニアはTシャツの無償配布で「選手たちに勇気を」
東海大相模へ進学 県央宮崎ボーイズ・庄田聡史は「大根を並べて」140キロを計測

【関連記事】
【動画】軟式144キロ右腕に九州の実力派内野手!注目中学球児たちのプレー映像特集! 【ニュース - 高校野球関連】
【動画】全国制覇8度の強豪・佐倉シニアの注目選手を紹介!元マリーンズJr.に制球力抜群の野球女子 【ニュース - 高校野球関連】
第2回 U-15代表4番、142キロ右腕など高校野球の世界に飛び込んだ12人のスーパー中学生たち【中学野球逸材コラム】
第17回 スケールの大きな大砲から経験豊富な実践派まで 2020年に注目の中学球児はコイツだ!【中学野球逸材コラム】
第26回 選手の未来と地元・府中への貢献を重んじる西東京の名門・武蔵府中シニア【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
浦和リトルシニアvs中本牧リトルシニア【第47回日本リトルシニア日本選手権】
浦和リトルシニアvs小金井リトルシニア【第25回日本リトルシニア全国選抜野球大会】
白山リトルシニアvs延岡リトルシニア【第25回日本リトルシニア全国選抜野球大会】
横浜旭峰ポニーvs戸塚リトルシニア【神奈川県 2019年 第7回DeNAベイスターズカップ】
秦野リトルシニアvs麻生ボーイズ【神奈川県 2019年 第7回DeNAベイスターズカップ】
第18回 「心気体技」で全国屈指の強豪に!「肉食系」の男たちを目指す京葉ボーイズの取り組みに迫る!【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第17回 ビジネスマンの顔を持つ監督が浸透させた「分析力」!東村山中央ボーイズの取り組みに迫る【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】

コメントを投稿する

前の記事:
19日の東京都大会は日体大荏原vs都立城東、帝京vs法政大高の一戦に注目!【秋季東京都大会】
次の記事:
最速151キロ右腕・森木 大智(高知2年) 連投準備整え四国大会に挑む!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る