2017年ボーイズ日本代表の現在地 印出、井上、仲三河など空前の「豊作世代」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.12

2020年ドラフト候補の井上朋也(花咲徳栄)

 中学野球の日本代表チームはいくつか存在するが、代表的なところでは大きく4つが上がる。侍ジャパンU-15日本代表、JUNIOR ALL JAPAN(NOMO JAPAN)、シニア日本代表(MCYSA全米選手権大会)、ボーイズ日本代表(世界少年野球大会)の4つだ。

 その中で今回は、ボーイズ日本代表に着目していく。
 2017年のボーイズ日本代表には、現在の高校2年生の選手たちが選出されており、高校野球界を盛り上げている選手が多くいた。選抜メンバーを振り返っていき、現在の活躍も見ていきたい。

鈴木聖人 内野(愛知豊橋ボーイズ/豊橋中央
三田 智也 投手(前橋桜ボーイズ/智辯学園
増田 和希 投手(松原ボーイズ/大阪桐蔭
細川 凌平 内野(京都東山ボーイズ/智辯和歌山
戸澤 昂平 捕手(武蔵狭山ボーイズ/健大高崎
中川 武海 投手(八幡南ボーイズ/神村学園
梅野峻介 投手(千曲ボーイズ/佐久長聖
伊藤 圭輝 投手(広島ボーイズ/宮崎日大
桑原 秀侍 投手(熊本中央ボーイズ/神村学園
仲三河 優太 投手(小山ボーイズ/大阪桐蔭
藤江 星河 投手(諫早ボーイズ/大阪桐蔭
津田 啓史 投手(熊本中央ボーイズ/横浜
横山 陽樹 捕手(栃木さくらボーイズ/作新学院
吉安 遼哉 捕手(西淀ボーイズ/大阪桐蔭
小吹 悠人 投手(いわきボーイズ/山梨学院
井上 朋也 外野(生駒ボーイズ/花咲徳栄
上田 洸太朗 投手(高岡ボーイズ/享栄
印出 太一 捕手(東海中央ボーイズ/中京大中京
※ポジションは選抜された当時のもの

 改めて見ると、現在の高校野球を盛り上げている有望な選手たちがズラリと並ぶ。

 ドラフト候補と呼ばれるまでに成長した井上 朋也は、中学時代から長打力が魅力だった選手で、花咲徳栄入学後も順調に長打力に磨きをかけてる。高校通算本塁打は47本まで達し、同期の中でも頭一つ抜けた存在と言えよう。

 また細川 凌平は夏の選手権大会では智辯和歌山の1番打者として活躍し、作新学院横山 陽樹は同世代の中では一番乗りでU-18日本代表に選出された。
 共に2年生ながら甲子園を沸かせた選手で、最上級生となる2020年も注目が集まる。

 そして藤江 星河仲三河 優太吉安 遼哉大阪桐蔭トリオの活躍も際立つ。
 藤江は春季大会で成長を見せると新チームからはエースとして活躍し、仲三河と吉安もクリーンナップを任されるまでに成長。吉安は怪我の影響で秋季近畿大会は欠場となったが、捕手としても注目の選手だ。

 3月に行われる選抜甲子園では、出場が濃厚と思われる印出 太一中京大中京)、小吹 悠人山梨学院)、戸澤 昂平健大高崎)、三田 智也智辯学園)の4選手に注目したい。
 印出は、中京大中京の4番・捕手として明治神宮大会優勝に大きく貢献し、小吹も山梨学院の3番・ショートとして好守でチームを支える。そして戸澤と三田は2番打者として繋ぎの役割を果たしており、順当に出場が決まれば甲子園でのプレーが非常に楽しみだ。

 その他にも横浜の切り込み隊長・津田 啓史や、佐久長聖のエースとして秋季北信越大会で2試合連続完封勝利を記録した梅野峻介など、2017年のボーイズ日本代表にはとにかく高校野球でも活躍を見せる選手が非常に多い。
 彼らがこれからどんな成長を遂げていくのか、今から非常に楽しみである。

(記事=栗﨑 祐太朗)


関連記事
2018年の侍ジャパンU-15日本代表の現在地 選抜甲子園には5名が出場の可能性
ほとんどが強豪校内定のU-15代表。アジアチャレンジマッチで頭角下選手は?
2017年のU-15代表は逸材揃い!?軟式には内山壮真、硬式には山村崇嘉らが名を連ねた

【関連記事】
選抜当確ラインの4強が出揃った近畿大会。8強入りには各府県1位校が3校 【ニュース - 高校野球関連】
出身校ランキング上位に変動はあるか?横浜高校OBと大阪桐蔭高校OBが同数に 【ニュース - 高校野球関連】
健大高崎vs國學院栃木【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
市立和歌山vs智辯和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
中京大中京vs海星【2020年秋の大会 第73回秋季東海地区高等学校野球大会】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
智辯学園vs龍谷大平安【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1266回 なぜJFE東日本に採用されたのか?天才・峯本匠(大阪桐蔭出身)を復活させた落合監督の熱いエール【後編】 【2020年インタビュー】
第151回 生駒ボーイズ時代の恩師が語る井上朋也(花咲徳栄)「打撃に関してはすごくストイック」【高校野球コラム】
第1265回 蘇った天才・峯本匠(JFE東日本)の大阪桐蔭時代。2年秋のコールド負けを乗り越え頂点へ【前編】 【2020年インタビュー】
第1020回 健大高崎、東京学館など強打のチームが登場!【秋季大会逸材ガイドブック・1日目】【大会展望・総括コラム】
第1020回 今年の東海大会は中京大中京、県岐阜商、藤枝明誠が中心か?各校、戦力が充実【大会展望・総括コラム】
第5回 【12球団ドラフト指名予想】中日は地元路線だと中京大中京の高橋宏斗がトヨタ自動車の栗林良吏が有力?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第150回 「打撃だけなら歴代No.1」佐倉シニア時代の恩師が語る横浜・度会隆輝【高校野球コラム】
第1246回 「プロになりたくて智辯学園を選んだ」 2021年世代屈指のスラッガー・前川右京(智辯学園)が行った高校2年間の意識改革 【2020年インタビュー】
第1234回 潜在能力は歴代トップクラス。プロ志望の191センチの大型右腕・橋本拳汰(健大高崎)の 決意 【2020年インタビュー】
三田 智也(智辯学園) 【選手名鑑】
伊藤 圭輝(宮崎日大) 【選手名鑑】
井上 朋也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
印出 太一(中京大中京) 【選手名鑑】
上田 洸太朗(享栄) 【選手名鑑】
桑原 秀侍(神村学園) 【選手名鑑】
小吹 悠人(山梨学院) 【選手名鑑】
津田 啓史(横浜) 【選手名鑑】
戸澤 昂平(健大高崎) 【選手名鑑】
中川 武海(神村学園) 【選手名鑑】
仲三河 優太(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤江 星河(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
細川 凌平(智辯和歌山) 【選手名鑑】
増田 和希(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
三田 智也(智辯学園) 【選手名鑑】
横山 陽樹(作新学院) 【選手名鑑】
吉安 遼哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
神村学園伊賀 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
佐久長聖 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】
豊橋中央 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
宮崎日大 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る