OBの活躍も目覚ましい佐倉シニア その秘訣は中学野球屈指の練習環境にあり

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.06

先発の王彦程(ワン・イェンチェン)

 2019ミズノ旗杯関東連盟秋季大会を制し、2年連続での優勝を勝ち取った佐倉シニア。同チームは3月におこなれた第25回リトルシニア全国選抜野球大会でも優勝を果たして全国制覇を達成しており、その強さを改めて示す形となった。

 また佐倉シニアの特筆すべき点は、現役選手だけで無くOBの活躍も目覚ましいところだ。
 読売ジャイアンツで活躍中の重信慎之介や、ヤクルトスワローズの注目株・金久保 優斗、2018年に日本ハムファイターズに指名された田宮 裕涼などが近年ではプロ入りを果たし、また高校球児においても高校通算51本塁打を放つ西川 僚祐(東海大相模)や横浜のドラフト候補・度会 隆輝などが活躍中だ。

 これだけ選手が活躍するのには、何か理由があるのだろうか。チームを率いる松井進監督にお話を伺うと、練習設備が整っていることが挙がった。

 「うちは設備がしっかり整っているので、多くの選手がうちを選んでくれるからだと思います。練習環境はトップクラスだと思っています」

 実際、佐倉シニアの練習場は、中学野球とは思えないような設備が揃っている。
 内外野に照明が完備された両翼95メートル、センター120メートルのメイングランドをはじめ、サブグラウンドや屋内練習場、二つのミーティングルームに浴槽など、どんな天候でも安心して練習に打ち込める環境が整っており、もちろんレギュラー選手以外でもしっかりと練習を積むことが出来るのだ。

 リトルシニアの春の全国大会である、リトルシニア全国選抜野球大会への出場も濃厚と見られており、来年は全国大会の2連覇も懸かっている。OBの活躍、そして現役選手たちの活躍にこれからも注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

【関連記事】
リトルシニア全国選抜野球大会の組み合わせが発表!注目は大会連覇を狙う佐倉シニア 【ニュース - 中学野球関連】
北海道から大阪桐蔭へ 最速146キロの1年生左腕・松浦 慶斗の軌跡 【ニュース - インタビュー】
第1100回 伸び盛りの二刀流・仲三河優太(大阪桐蔭)が目指すは投打での大活躍! 【2020年インタビュー】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
佐倉シニアvs浜松南シニア【2019ミズノ旗杯関東連盟秋季大会】
第21回 今年の甲子園に出場する1,2年は怪腕、スラッガーが続々登場!【101回大会特集】
第223回 2019年 スラッガー・西川僚祐、149キロ右腕・中森俊介など地方大会でキラリと光った2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第14回 東海大相模打線の中核・鵜沼魁斗、山村崇嘉、西川僚祐の2年スラッガートリオに注目!!【101回大会特集】
第513回 東海大市原望洋 金久保 優斗投手「先輩・島孝明に続け!成長したピッチングを甲子園でみせる!」 【2017年インタビュー】
金久保 優斗(東海大市原望洋) 【選手名鑑】
田宮 裕涼(成田) 【選手名鑑】
西川 僚祐(東海大相模) 【選手名鑑】
度会 隆輝(横浜) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
山内佑規捕手(桐蔭学園ー明治大ー東京ガス)が語る"下積み生活を乗り越えて掴んだ正捕手の道"
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る