京葉ボーイズの中学5冠の夢は途絶える 静岡裾野シニアは盤石の戦いでベスト8へ【ジャイアンツカップ】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.13

北嶋優希哉のタイムリーで追加点を挙げた静岡裾野シニア

 12日から始まったジャイアンツカップ2019。13日は2回戦8試合が行われ、市川市国府台公園野球場では春、夏とボーイズリーグの頂点に輝いた京葉ボーイズと、春の選抜大会で準優勝に輝いた静岡裾野シニアが激突した。

 序盤から試合の流れを流れを掴んだのは静岡裾野シニアだった。
 2回表、静岡裾野シニアは二死二塁のチャンスを作ると、8番・大橋優太がレフト前ヒットを放って送球が逸れる間に2塁ランナーが生還。さらにその後、二死一、三塁の場面から、1番・北嶋優希哉がライトフェンス直撃のタイムリースリーベースを放ってさらに2点を追加する。
 静岡裾野シニアは4回、5回にも追加点を挙げて、試合の主導権を握った。

 反撃したい京葉ボーイズは、5回裏に無死一、三塁のチャンスを作ったが、相手の好守備にも阻まれ、得点を挙げることが出来ない。
 結局試合はそのまま5対0で静岡裾野シニアが勝利し、準々決勝進出を決めた。



京葉ボーイズの4番に座った海老根優大
 

 「中学5冠」を目指した京葉ボーイズだったが、投打で高いレベルを見せた静岡裾野シニアに自分たちの野球をやらせてもらえず2回戦敗退となった。
 チームの4番であり、大会屈指の打者として注目されていた海老根優大は、悔しさを滲ませながら試合を振り返った。

 「チームの代表として、最後自分たちの野球ができなかったことは悔しいですが、自分としては悔いが残らずフルスイングができたと思います。ここで果たせなかったことを、しっかり高校で果たせるように頑張りたいと思います」

 勝った静岡裾野シニアは、14日の準々決勝で八王子シニアと激突する。
 関東の強豪シニア同士の対決に注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

【関連記事】
世田谷西シニアが東練馬シニアを破り10年ぶり2度目の優勝 決勝をレポート!【ジャイアンツカップ】 【ニュース - 中学野球関連】
世田谷西シニアが10年ぶり2度目の優勝 富塚が値千金のツーラン【ジャイアンツカップ】 【ニュース - 中学野球関連】
静岡裾野シニアvs京葉ボーイズ【ジャイアンツカップ2019】
第944回 新戦力も整い、最後は「嬉し涙を流す」 神戸弘陵女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
第963回 松坂を育てた指揮官も絶賛!関東きっての韋駄天 今井海斗(東京城南ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第18回 「心気体技」で全国屈指の強豪に!「肉食系」の男たちを目指す京葉ボーイズの取り組みに迫る!【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第866回 身体能力抜群の2年生スラッガー・海老根優大(京葉ボーイズ)U-15代表入りへ決意を語る 【2019年インタビュー】
第867回 大化けの予感を感じさせる直球の伸びとコマンド力!シニア全国3位の原動力・岡本陸(江戸川中央シニア) 【2019年インタビュー】
第855回 攻撃型2番の申し子・新井流星(武蔵狭山ボーイズ)が身に付けた屈強なメンタリティー 【2018年インタビュー】
第854回 今宮健太を彷彿させるユーティリティ性!渡邊翔真(武蔵狭山ボーイズ)は高校でも投打の核を狙っていく 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
愛知もベスト16が出揃う!愛知私学4強の残りは中京大中京のみの激戦に!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る