浦和シニア初優勝!草津シニアを下してリトルシニア日本選手権の頂点に!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.05

最優秀選手賞の山田が語った仲間への感謝



優勝を果たした浦和シニアの選手たち

 8月5日、明治神宮球場にてリポビタンカップ第47回日本リトルシニア日本選手権の決勝が行われ、関東連盟所属の浦和リトルシニアが初優勝を果たした。

 試合は初回から大きく動いた。1回裏、浦和シニアは上石航大のタイムリーで2点を先制すると、その後も8番の小倉蓮にランニング満塁本塁打が飛び出して一挙6得点。序盤で試合の主導権を握った浦和シニアは、その後も着実に追加点を重ねて草津シニアとの差を広げていった。

 最終的に試合は、10対2で浦和シニアが勝利して、初のリトルシニア選手権優勝を飾った。
 試合後、主将で最優秀選手にも輝いた山田慎之介は、仲間への感謝を口にして喜びを噛み締めた。

 「今までつらい練習や、つらい出来事もあったんですけど、みんな(チームメイト)で乗り越えここまで来たので、みんなには本当に感謝しています」

 優勝を果たした浦和シニアは、8月12日から始まるジャイアンツカップにも出場の予定となっている。
 ジャイアンツカップでの活躍にも注目だ。

(文=栗崎 祐太朗)

あわせて読みたい!
シニア日本代表を紹介!6連覇を懸けて全米選手権大会に臨む!
2018年ドラフト指名選手から見るリトルシニア出身選手一覧!
軟式野球と硬式野球どっちがいいの?それぞれのメリットを紹介!

【関連記事】
再開後の活躍に注目!注目の中学球児8名をピックアップ【関東地区編】 【ニュース - コラム】
第3回 中学通算20本塁打以上のスラッガー2名、スローイングタイム1.9秒台の強肩捕手など関東地区注目8名のスーパー中学生【中学野球逸材コラム】
目標は森友哉選手!打てる捕手として全国優勝に貢献した本田凌太選手(浦和シニア)に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第1173回 セカンド送球は1.9秒台。スワローズジュニアにも選ばれた本田凌太(浦和シニア)が目指すのは「打てる捕手」  【2020年インタビュー】
東練馬シニアvs浦和シニア【ジャイアンツカップ2019】
草津シニアvs瀬戸シニア【第47回日本リトルシニア日本選手権】
浦和リトルシニアvs小金井リトルシニア【第25回日本リトルシニア全国選抜野球大会】

コメントを投稿する

次の記事:
高校通算25本塁打!京都屈指の強肩捕手・釣寿生(京都国際)の描く理想像とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る