2011年05月21日 奈良県立橿原公苑野球場(佐藤薬品スタジアム)

郡山vs関西中央

2011年春の大会 奈良県春季県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

郡山,木下投手(8安打を浴びながらも完封)

遠い、遠いホームベースを目指しての攻防

関西中央 8
郡山   2

上記はこの試合で両チームが放った安打数である。数字を見てもわかる通り、この試合攻めに攻め立てたのは、関西中央
しかし野球はわからない。この試合で唯一ホームベースを陥れたのは、2安打しか放てなかった郡山の方だった。

わずか1点、されど1点。この【1】という数字を巡っての攻防に、机上の計算だけではわからない深さが隠されていた。
安打数の通り、攻めた関西中央
1回は1死から2番伊藤直也(3年)がセンター前へ、2回は先頭の4番田中想至(3年)がレフト前へそれぞれヒットを放つ。だがいずれも併殺でチャンスを逸した。

3回にも先頭の7番竹本郁弥(3年)がヒットを放った関西中央。ここまでの攻撃があったのか、姫嶋裕親監督は、8番西嶋一雅、9番米田晃大(ともに3年)の両打者に連続送りバントという策を使った。2死覚悟で走者を三塁まで送った関西中央だが、ここも郡山先発の木下義将(3年)が1番山口をセカンドゴロに打ち取ってピンチを凌いだ。

4回と5回も先頭打者が出塁した関西中央。それでも得点を挙げることができない。
ヒットは出る。攻撃の形は作れている。でも1点が遠い。

【次のページ】 郡山vs関西中央(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
3年生に引けを取らない逸材2年生!2020年ドラフト注目はこの選手達だ! 【ニュース - コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
近江と神戸国際大附が決勝へ!準決勝2試合をフォトレポート!【春季近畿大会】 【ニュース - 高校野球関連】
神戸国際大附vs郡山【2019年春の大会 近畿大会】
第916回 今年の近畿大会準決勝はハイレベル!2試合の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
郡山vs大阪商業大高【2019年春の大会 近畿大会】
第579回 関西中央(奈良)奈良の勢力図に風穴を!【後編】【野球部訪問】
第579回 関西中央(奈良)様々な経験を通して伸びしろを伸ばす!【前編】【野球部訪問】
第58回 郡山(奈良)「夏に勝てるチーム」を目指して心・技・体を磨き上げる!【冬が僕らを強くする2019】
天理vs郡山【奈良県 2012年夏の大会 第94回選手権奈良大会】
光南vs郡山【福島県 2012年夏の大会 第94回選手権福島大会】
関西中央vs王寺工【奈良県 2011年夏の大会 第93回奈良大会】
関西中央 【高校別データ】
郡山 【高校別データ】
春季奈良県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

関西中央がんばれゆうじ 2011.06.07
次こそは決勝、そしてその先へ行けると信じています。
今までも、これからも、ずっと応援しています。

応援メッセージを投稿する

奈良県地域応援スポンサー

奈良県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る