センバツ出場校の天理が7回コールドで初戦突破



戸井零士(天理)

トーナメント表
奈良大会の勝ち上がり

日程・結果一覧
奈良TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

■大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 奈良大会

<第104回全国高校野球選手権奈良大会:天理9-0関西中央>◇14日◇2回戦◇佐藤薬品スタジアム

 春夏連続で甲子園出場を目指す天理が初戦を突破した。

 先発を任されたのはエースの南澤 佑音投手(3年)。春の県大会は肘の違和感で登板を回避したため、センバツの星稜(石川)戦以来となる公式戦登板だった。

「あまり調子は良くなかった」という南澤だが、この日は変化球が冴え、1回、2回は三者凡退。エースの好投で、まずは守りから流れを呼びこむ。

「初戦はやっぱり緊張しますよね」(中村良二監督)と1、2回は得点圏に走者を進めながらも無得点に終わっていたが、3回裏に1死二、三塁のチャンスを作り、3番・戸井 零士内野手(3年)の中犠飛で1点を先制。「自分が先制点をとれば、勢いがつくと思っていたので、打てて良かったです」とプロ注目選手でもある主将の一打で天理打線が目を覚ます。

 なおも2死三塁とチャンスは続き、4番・内藤 大翔内野手(3年)の左前適時打で1点を追加。頼れる中軸が打点を稼ぎ、天理が試合を優位に進める。

「2点取ったところでみんなが解れて、自分たちの良い流れで試合ができました」(中村監督)と4回以降は天理ペース。4回裏に9番・重舛 春樹外野手(3年)の右犠飛で1点を加えると、5回裏には6番・大城志琉外野手(3年)の3ラン本塁打、重舛のソロ本塁打などで6点を奪い、ワンサイドゲームに持ち込んだ。

 最後まで安定した投球を見せた南澤は7回を投げて1安打1四球7奪三振無失点。投打がかみ合った天理が7回コールド勝ちを収めた。

 敗れた関西中央は学校の募集停止による影響で1年生がおらず、3年生5人、2年生5人のチーム編成。秋以降は連合チームで戦う予定となっている。最後となる単独出場の夏を終えた主将の梶田理輝(3年)は、「関西中央野球部は合同でも残っているので、残っているからには応援したいと思います」と後輩に思いを託した。

 選手10人ながら1勝を挙げ、天理相手にも懸命に食らいついた関西中央。彼らの健闘は胸を張れるものと言って良いだろう。

(記事=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。