奈良大附が大逆転勝利で夏のシード権を獲得



8回裏に適時打を放ち、ガッツポーズを見せる堤野大雅(奈良大附)

 <春季近畿地区高校野球大会奈良県予選:奈良大附9-8桜井>◇5日◇準々決勝◇佐藤薬品スタジアム

 奈良大附桜井相手に大逆転勝利を収めた。

 奈良大附の先発は背番号11の森口宏佑(2年)。動く球を軸に打たせて取る投球が持ち味というのが田中一訓監督の評だが、1回裏に2つの死球で2死一、二塁のピンチを招くと、5番・大牟田陸斗(3年)に左中間を破る2点適時二塁打を浴びて先制を許す。さらに2死一、三塁から7番・早崎壮太(3年)にも左前適時打を打たれて、いきなり3点のリードを奪われる展開となった。

 試合の流れをつかんだ桜井は3回表にも2死一、二塁から早崎が左越え2点適時二塁打を放ち、リードを5点に広げる。「人を代えないと、流れは変わらない」と判断した田中監督はここで森口を諦め、エース左腕の幡剛志(3年)を投入。試合を引き締めて流れを変えようとするが、桜井先発の福嶋佑斗(3年)が「上手くタイミングをずらすことができました」と緩急を上手く使った投球を見せ、奈良大附打線を5回まで3安打に抑え込む。

 桜井は6回表にも1死三塁から1番・松永不比等(3年)の中犠飛で1点を追加。エースからも得点を奪い、このままワンサイドゲームになると思われたが、2日前の3回戦で完投していた福嶋は6回裏から疲れが見え始め、球が高めに浮き始める。

 6回裏の奈良大附は四球や失策などで1死満塁のチャンスを作ると、5番・前田陽輝(3年)の左前適時打でまず1点を返す。さらに内野ゴロで1点を加えた後、2死満塁から代打の武廣祐輝(2年)が右翼線への2点適時二塁打を放ち、2点差に詰め寄った。

 これで勢いに乗った奈良大附は7回裏にも2死一、二塁から前田の右前適時打で1点差とすると、ここで桜井は投手を左翼手で出場していた松永に交代。しかし、連続四死球を与え、押し出しで同点とされ、なおも2死満塁とピンチは続く。ここで武廣の放った打球はセンター方向への大飛球となるが、中堅手に回っていた福嶋がジャンプしながらキャッチする大ファインプレーを見せて、逆転は許さなかった。

 これで息を吹き返した桜井は8回表に2死から松永がレフトへのソロ本塁打を放ち、再びリードを奪うことに成功する。だが、強豪私学としての意地がある奈良大附はその裏、無死二、三塁から2番・岩口大輝(2年)の右犠飛で同点とすると、さらに1死三塁から3番・堤野大雅(2年)の中前適時打でこの試合初めてリードを奪うことに成功する。その後、もう1点加え、奈良大附がこのまま逃げ切ると思われたが、最終回にもドラマが待っていた。

 奈良大附は9回表、代打を出された幡に代えて、森下元揮(2年)をマウンドに送る。桜井は1死から4番・福嶋が二塁打で出塁すると、2死から6番・小角一起(3年)が中前安打を放ち、一、三塁とする。続く早崎は初球を打ち上げて、センターフライとなり、試合終了と思われたが、その時の投球動作で森下がボークを取られ、走者がそれぞれ進塁。1点差の2死二塁で試合は再開した。打ち直す機会を与えられた早崎だったが、最後はライトフライに倒れ、今度は正真正銘のゲームセット。6点差を逆転した奈良大附が4強入りを果たし、夏のシード権を獲得した。

 正遊撃手の河原巧(3年)や主力投手の長島幸平(3年)を故障で欠き、今大会は苦しいゲームが続いている奈良大附だが、「力を持っているから、勝っていると思います」と田中監督は胸を張る。どんな展開でも最終的に勝ち切れる強さは流石と言っていいだろう。

 敗れた桜井奈良大附相手に13安打8得点と高い打力を見せつけた。終盤を踏ん張れる投手力がつけば、強豪私学にとって手強い存在となりそうだ。

(記事=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。